スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋にとどくまでのこと

恋愛小説のことなんですけど、「恋にとどくまで」。

もうすぐ、たぶん次回くらいで届きそうなんですけど、届いた後、どうしましょう。

どこまで書けばいいかな~なんて考えてます。

抱き合って、めでたしめでたし♡

じゃ、物足りないかな。。。とか。

せめてチューくらいさせちゃおうか、とか。

いや~、最後まで頑張って欲しいよ~とか。





読んでいただいているかたにしか、わからないと思いますが、

コメントくださいね~。

恋にとどくまで~苺花と大和(30)

苺花



椎名は大和の友達だし、バイト先でも顔を合わせるんだし、私が椎名の家に

泊めてもらっていることは、たぶんすぐに大和に知られてしまうだろうと思っていた。

知られて欲しかった。

そして、心配になった大和は、椎名の家まで私を迎えに来てくれる。

そんな思いが私の頭の中にあった。

案外早く会えてしまって、ちょっとだけ拍子抜けだったけれど、嬉しい気持ちは否定しない。

ただこの場合、迎えに来てくれたんじゃなく、偶然会ってしまっただけで、感動の再会ではない。

つまんない。

つまんないけど……。

「送ってくよ」

どうやら大和は機嫌が悪いらしい。声が怖い。

それはそうだろう。

さっきから嫌なことばかり言ったんだ。

椎名の車の悪口も言ったし、大和に対しても背を向けたこんな態度を取っているんだから。

動きづらい車のシートから体を起こす。

まっすぐに座り直して、大和にチラリと目を向けた。

「このまま……送られちゃうの?」

大和はじっと前を向いたままハンドルを握っている。

事故らないように必死なのか。それとも怒って無視されているのか。

たぶん怒っていると考えるほうが妥当だよね。

自分の態度や言葉を多少反省しつつ、大和の横顔を見つめた。


高校生の頃から、大和の横顔ばかり見てきた。

梨々を見つめている大和の横顔。それは私にとって見慣れた顔で、正面から

向き合って、目が合う大和より「大和」なのだ。

この顔が好きで、ずっと見ていた。

時々こっちを見ることもあったけれど、恥ずかしくてすぐに目をそらしていた。

しかも思い切り可愛くないやり方で、高飛車な態度で「ふんっ」なんてやっていた。

私が大和を好きなんて、誰ひとり気がつく人はいなかったから、鈍感な大和が

私の気持ちを知る確率は、きっと0%だったに違いない。

だけど…。

やっぱり好きだな、この横顔……。

「送る」

無愛想に大和が答えた。

「そっか。送られるのか。あ、そうだ、送り狼になっちゃう?」

「何考えてんだ。バカ」

「だよね。狼になんかなれないんだよねー」

大和が試しにやれるような人じゃないことはわかっていた。

さっきだって、試しに抱かれるのかと思ったらメチャクチャ腹がたったけれど、

冷静になって考えてみれば、部屋に入ったところで大和はきっと後悔したと思える。

勢いでやれるなら、そういう機会は何度かあったのだ。

私が「嫌だ、やめて」とでも言えば大和はやめたに違いない。

そういう人。そういう人だから好きになって、そしてずっと諦めきれない。

自分の外見とかエッチの上手さとかに自信満々な、偉そうな男よりはずっとずっといい。

だって、ひとりの女の子を大事にしてくれそうだから。

大和の大事な「ひとり」になりたいな。

「その辺で降ろしてくれてもいいよ」

なのに私は、どうして心と反対のことを言ってしまうのだろう。

「は? その辺って?」

「他の狼さんに食べてもらうー」

これは、素直じゃないどころの問題ではない。

病気かもしれない。

素直じゃない病だ。

そう思った瞬間、大和が急ブレーキをかけた。 

上半身をフロントガラスにぶつけそうな衝撃だ。

「ちょっと、危ないじゃない」

後続車がいなかったのが幸いだと思った。

そうじゃなきゃ、思い切り追突されていただろう。

大和はそのまま、車を道の端まで移動させてから止めると、いきなりこっちに

向かって大声で怒鳴りつけてきた。

「いい加減にしろよ、苺花!」

いつになく真剣な表情で、大和が本気で怒っていると気付いた。

「やだ、なに怒ってんのよー。大和ったらー」

咄嗟にいつもの調子でふざけ半分にかわす。

いつもなら、ため息をつかれて無口になって、呆れられるんだけど今日は違った。

「いい加減にしろって言ってんだよ。そうやって、ずっとそんな態度とって、

俺のことからかって笑ってふざけてる気なのか? そんなだったら、もう着いて

行けない。勝手にどっかの男にヤラレちまえばいいんだ。俺は知らない。

知らないからな。苺花のことなんか助けてやんねーし、ほっとっくからな」

それでもいいのかよって、大和は怒鳴った。

「何よ……」

「俺以上に好きになれる男がいないんじゃねーのかよっ!」

大和は、私が言い返す隙を与えてくれない。

こんな車内の狭い空間で、こんなに大声を出されて怒られて、逃げ場もなくて少しだけ

怖くなった。

「苺花っ! おま……」

「もう、うるさいなー! そんな大声出さなくても聞こえるよ。狭い車なんだからさ」

ひとこと余計だったかな。

「もういいもん。歩いて帰る」

シートベルトを外してドアを開けた。

「じゃあね」

引き止めてくれるのを期待した。

だけど、大和は何も言葉をかけてくれない。振り返るのもカッコ悪い。

車を降りて、大和の顔を見ないようにしてドアを閉めた。

どっちに行けば自分の家だったかさえ、すぐにはわからないくらい戸惑っていた。

さすがの大和も呆れてしまったに違いない。

その場から動けず、じっと立ったままでいたら、それからすぐに大和が車から降りてきた。

恋にとどくまで~大和と苺花(29)

大和



椎名のアパートから少し離れた駐車場に、椎名の車は止めてある。そこへ向かいながら、

ちゃんと苺花が着いてきているのを背中で感じる。

行方がわからないはずだった苺花が、急に現れた。

見つけるのに苦労するはずだった。

そしてもし今度会ったなら、ちゃんと苺花と向き合って、自分の気持ちを伝えようと思っていた。

なのにまだ言えないでいる。

あんまり突然だったから、心の準備が出来ていなかった。と言うより、

混乱してしまったといったほうが今の気持ちにしっくり来るかもしれない。

何から切り出せばいいのだろうか。

『あのさー、好きなんだ』

なんて、いきなり言ったら笑われるよな。それか怒り出すかもしれない。

『は? 何言ってんのよ。バカじゃない? 思いつきで言わないでよね。

あ、そか。やりたいから好きなんだとか理由付けしたいんでしょー』

 ……ね。たぶんこんな展開なのさ。

「大和ー。どこまで行くのよー」

 ため息とともに苺花が漏らす。

「椎名くんの中古の軽はどこよー」

「ああ。もうすぐ。そこの角を曲がったとこにあるから」

「遠いよねー。何でアパートに駐車場がないの?」

 聞かれたって、俺が知るわけがない。椎名に聞いたこともないんだから。

「中古の軽なんだからさー、その辺に路上駐車でもしておけばいいのにねー」

 苺花は中古の軽、中古の軽ってうるさい。

 きっと中古の軽をバカにしてるんだろう。

 俺が新車にこだわるのは、そうやって苺花にバカにされたくないためのプライドなんだ。

中古の軽自動車を買ったら、きっと座り心地が悪いとか、自転車よりはマシだけど、

とか、そんな風に言うに決まってる。

苺花の毒舌は、聞く前からわかってるんだ。

 なのに、なんで好きなんだろう。

 待てよ。本当に俺、間違ってないか?

 本当に苺花が好きなのか?

 自分の気持ちに多少の自信をなくしそうになった瞬間、苺花が後ろから急に腕を組んできた。

「うわあっ」

 不意打ちだったから、大声をあげてしまう。

「何よ。そんなに嫌?」

 口を尖らせて上目遣いで苺花が見上げてくる。

 少し視線を下に落とすと、胸元から見える胸の谷……。

「どこ見てるのっ!」

「どこも、見てねーよっ」

 気付かれて慌てて目をそらす。

 腕を組まれただけでもドキドキするのに、さらに見上げてきた目にも惑わされた。

その上、あの胸。

 好きの動機が、ちょっとだけ不純な気がしてきた。

「どれが椎名くんの車?」

 駐車場の入口に着いた。

「ああ、あれ。白のそれ」

 手前から二台目の車を指で指して教えた。

「ふーん。どこにでもあるような軽ね。ふーん」

 やっぱりバカにしたニュアンスを感じる。

 車の鍵を出して、助手席側の鍵を開ける。

「自動じゃないのね。ほら、少し離れたところからピッて押したら鍵が開くヤツ」

 文句を言いつつ、苺花がシートに座った。

「安いって言ってたもんね、椎名くん。ちゃんと走るよね。途中で止まったりしないよね」

 どこまでも失礼な発言をする苺花。

 このまま告白なんかせず、さっさと家まで送り届けてやろうかと思った。

 考えがまとまらないまま、運転席に座りエンジンをかける。

「大和、事故らないでよ。一緒に心中したくないからね」

 シートベルトをきつくつかんで俺に言う苺花を、じっと見た。

「何よ、そんなに見つめないでよ」

 バカ。と苺花は暴言を吐くと、体ごと窓のほうを向いてしまった。

 告白。

 どうしよう。

 決心が鈍りそうになる。





★続く(。≧艸≦。)ブッ ワラエル

恋にとどくまで~苺花と大和(28)

苺花




あらためて私は、女友達がいないことにびっくりしている。

椎名に断られて、どうしようかと悩んだ。

親友だと思っていた梨々とも気まずいから、顔を出す気にはなれない。

男だって、結局みんな私の上を通り過ぎて行っただけだし、泊めてって言って

訪ねて行ったところで嫌な顔をされるか、やられるだけか……だろうし……。

「だから椎名を頼りに行ったのに。使えないんだからっ」

歩きながら「バカ」とつぶやいた。

ポケットに手を入れると、紙に指が触れた。破れかけたその紙片を取り出して広げる。

そこには椎名の携帯の番号が書かれている。

さっきは忙しそうだったから無理だと言われたけれど、もう用事は済んでいるかもしれない。

立ち止まって周りを見渡す。

携帯電話が普及したからだろう、公衆電話はなかなか見当たらなくなってきている。

「はあ……」

探すのも面倒くさい。いいや、直接押しかけちゃえ。

さっきは電話だったから断られたけれど、もうとっくに最終電車もない時間だ。

お願いすれば、無理には追い返されはしないだろうと勝手に結論する。

少し先に横断歩道が見えた。

そこまで歩いて信号待ちをしていたとき、私の前を通り過ぎた車が、少し先でゆっくり停車した。

ちらっと目を向けると車のドアが開き、中から男が降りてきた。

こっちに来そうな予感に、慌てて目をそらす。

「苺花?」

「え……」

名前を呼ばれて再び目を戻すと、見たことのある男が立っていた。

今、車から降りてきたばかりの男は、私の携帯を壊した男。

「大沢く……」

「久しぶり。何してんの? ナンパ待ち?」

面白くない冗談を言って、大沢はひとりで笑っている。

「帰るところなら、乗ってく? 送っていこうか?」

「ううん、いい」

腕をつかまれそうになるのを、さっとかわした。

「遠慮すんなよ。苺花とはあれきりだったし、いろいろ話もしたいしさー」

 話だけで終わるはずがないと思った。

 携帯で殴った仕返しとまではいかないとしても、タダじゃすまないのは容易にわかる。

 信号が青に変わった。

「私、行くところがあるから」

 じゃあね、と言ってそのまま青になった横断歩道を向こう側まで一気に走る。

「何だよ、バカヤロー」

 幸いなことに、それだけで大沢は追いかけては来なかった。

 執着するなら、とっくに自宅まで押しかけてきているはずだし、

それがなかったと言うことは、それほど想われていたわけでも怒っていたわけでもなかったんだと思う。

 たまたまここで再会したから、誘いをかけてきただけだ。

上手く行けばヤレるかも。くらいの軽い気持ちだったんだろう。

「誰が触らせるもんか」

 昔の私じゃないんだから。

 大和にしか触らせない。大和とやれないんだったら、一生誰ともやらなくたっていいくらいだ。

「いっそ、修道院に入ろうかしら」

 この身を神様にささげるの。

「無理だな」

 今までたくさん遊んでしまった。

 綺麗な体じゃない。神様もお断りだよね。

 くだらないことを考えながら歩いているうち、椎名の住むアパートに着いた。

 階段を上がってドアの横にあるチャイムを押す。

「あ、苺花ちゃん」

 顔を出した椎名が、目を瞬かせる。

「泊めて」

「あは」

 何故か椎名が笑った。

「ムカツク。何が可笑しいのよ」

「や、ごめんね」

 まだ苦笑いをしながら、椎名が部屋の中に入れてくれた。

「あ……」

 部屋の中には、またしても見たことのある男がいた。

 それは紛れもなく、私が愛している大和で……。

「何でいるのよっ」

 だけどどうしてなのか、攻撃的な言葉でしか話せない。

 大和も私の攻撃に応戦してきた。

「苺花こそ、何でここに来るんだよ。椎名、男だぞ。男の家におまえは軽々しく

泊めてもらいに来るような女なのかよ」

「大和が悪いんでしょ。私のこと、遊びで犯そうとしたんだから」

「犯……。そんな言葉使うなよ。そんなつもりじゃなかっ──」

「大和。これ使えよ」

 ふいに椎名が、大和に何かを投げて寄越した。

 キャッチした大和の手の中には、車の鍵。

「車使っていいから、苺花ちゃんを送るなり、どっか行くなりしてくんない? 人んちで

ケンカされるの迷惑だから」

「あ、悪い……」

「ごめん」

 大和とふたりで、同時に謝った。

「事故らないでね。それから、ガソリン満タンにして返してくれればいいから」

 半ば強引に追い出されるようにして、私と大和は外に出た。

 迷惑だなんて言ったけど、あれは椎名の優しさだ。

 それはたぶん大和も承知していることで、椎名がドアを閉める間際、小さく

「サンキュ」って言ってたのを、ちゃんと私は聞いていた。

 友情。いいなあ。

 ふいに梨々のことを思い出す。

 親友なんて言ってたくせに、大和に想われている梨々が羨ましくて嫉妬してた。

大和を振って涼と結婚した梨々を、ちょっとだけ憎んでいた。

 いつか、また梨々と今度こそ心から大事に思えるような親友同士になれるといいな、

と大和の後をついて歩きながら考えていた。

 何も話さないまま、まっすぐ歩いてゆく大和の背中。

 今度こそ、素直に気持ちが伝えられるといいのに。





続く。

もう少しでラストの予感~♪ 恋にとどくかな?

恋にとどくまで~大和と苺花(27)

大和



 椎名の部屋のドアをノックしたとき、すぐに返事がなかったけれど、

ドア脇にあるキッチンの窓から明かりは漏れていたから、留守じゃないことはわかった。

 しばらく待ってもう一度チャイムを鳴らしてみると、今度は中から返事が聞こえた。

 それでもなかなか開かないドアに、取り込み中なのかもしれないと、咄嗟に察した。

 悪いタイミングで来てしまったのかもしれない。

 もう一度チャイムを鳴らして、出てこなかったら諦めようと思ったとき、

ドアが開いて椎名が顔を出した。

「うわあ、大和」

 大袈裟に驚いた様子の椎名は、何か隠しているようだ。

 やっぱり女、だろうか。

「来ちゃヤバかった?」

「や、いやそーゆーんじゃないけど、そーゆーんじゃ、あるかも?」

 椎名は後ろ手にドアを閉めると、外に出てきた。

 椎名の髪は濡れていた。

 ふんわり香るのは、石鹸の香りだろう。

「風呂入ってたのか?」

「うん、そう。チャイムが鳴ったとき、裸だったからさー、慌てちゃったよ」

「ひとり?」

「え、うん。そうだよ、ひとり」

 はは、と椎名が笑った瞬間にドアが開いた。

「椎名、友達か?」

 中から顔を出したのは、女じゃなかった。

 椎名と同じように、お風呂からあがったばかりらしいその男は、俺をチラッと見てから、

椎名に目を戻す。

 どう見ても同年代には見えない。

 誰だろう、父親にしては若すぎる気がした。

 その男は無言のまま一旦奥に引っ込んだ。そして出てきたときにはスーツを着ていて、

やっぱり社会人だと納得した。

「じゃあ、また来る」

 そう言って椎名の頭を撫でて、その男は帰って行ったわけなんだけど、

取り残された椎名に、俺は聞いた。

「誰? 俺、もしかして邪魔……したかな?」

「いや、大丈夫。もう帰るところだったし」

 大丈夫、と言うわりにその笑顔は引きつっている。

「お父さん?」

「えっ。あ、ああそう。お父さん。オヤジ。時々来るんだよね」

「風呂、借りに来たとか?」

「あー、えっとさ。どうせいつかばれることだから、言っちゃうけどさ」

 椎名は目を泳がせながら俺に言った。

「付き合ってるんだよね」

「へえ……」

 誰と? と聞き返すのを一瞬ためらった。

 俺の勘違いじゃなければ、さっきの男とだろう。

「あれ、驚かない? 大和、そういうの、平気?」

「さあ、どうなんだろう」

 平気? と聞かれたって平気だよって笑って済ませられるほど、そういう現実を

目の前にしたことがあるわけではない。

 むしろ、初めてだ。

「いいよ、無理しなくていいから。これで友達なくしたこと結構あるから、大和も嫌だったら、

友達やめてもいいからね」

 椎名は早口で捲くし立てるように言うと、勝手にドアを閉めようとする。

「じゃあな」

「って、おい、待てよ、椎名」

 閉じかけたドアに体を割り込ませ、中に入った。

「用事があって来たんだ。そうだよ、おまえに文句言ってやろうと思って来たんだからな」

 苺花のことが、気になっていた。

「文句?」

「そうそう。椎名が俺を煽るから、苺花と気まずくなったんだよっ」

 本気でそんな風に思っているわけではなかったけれど、椎名も話を変えてやったほうが、

気が楽かもしれないと思ったんだ。

「ああ、さっき苺花ちゃんから聞いた」

 再び俺から目を逸らしながら、椎名は言う。

「聞いたって? 苺花と会ったのか?」

「電話だよ、電話があったんだ。今から行っていいかって。いいとは言えなかったんだよね、

状況が状況だったし、取り込み中だったし」

 椎名は苺花からの電話を受け、苺花を断ったらしい。

「大和に余計なこと言ったでしょーって、怒られたさ。大和と気まずく別れたっても

言ってた。だから泊めろとか言ってたけどさ、無理だって断ったら怒って電話、切られた」

 椎名は、僕のせいなら、謝るけど。そう言って口を尖らせた。

「いや、椎名は悪くない。たぶん俺? 俺が要領悪くて……」

「それに鈍感で?」

「そうかも」

 俺の言葉を引き継いで言った椎名に同意する。

「そうだろ? ふたりのためにと思ってやってるのに、苺花ちゃんも大和もふたりがかりで

僕のこと責めるんだから」

「だから冗談だって」

 椎名の機嫌を損ねてしまったかと瞬間慌てたけれど、椎名はすぐにいつもの笑顔になって俺に言った。

「入ってよ。大和には彼を追い返した責任とってもらうんだからさ」

「ええっ、責任って……」

「はは、冗談だよ、冗談―」 

冗談っぽく冗談だよって言った椎名だったが、本当に冗談だろうかと怪しみつつ部屋に入った。







にゃん♪……(≧m≦*)ムプ……続く♪

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。