スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性ホルモンと女性ホルモンの違いについて

突然ですが、エッチの話です。(>▽<)

長いので、暇なひとだけ読んでくださっていいでしゅ。



私は女なので、男性心理は身をもって体験したことがないです。

なので、女性心理。まあ、これも女性によっていろいろ様々だとは思いますが。。。

ちょっと描いてみようと思います。

男性ホルモンの主役は、テストステロン。

これが、衝動的なエッチへと駆り立てる役割をするそうです。

女性にもコレはありますが、男性の20分の1~40分の1しかないそうです。

テストステロンの量が多いひとほど、浮気したり、だれとでもエッチできたりするそうです。

女性ホルモンの主役はエストロゲン。

これは、穏やかな性衝動を促します。

好きなひとと手をつないでいるだけ。

寄り添って肩を抱かれているだけ。

それだけで快感を得られるようです。

それだけで満足してしまう女性と、それから先がなきゃ嫌だっていう男性との

気持ちのすれ違いがここに起こるわけです。



女性の場合、「愛しているから」「好きだから」「一緒にいたいから」などの理由が

あって初めて、男性に抱かれたくなるのです。

手をつなぎ、キスをして、少しずつ男性に気を許し、愛情が深まっていく。

そうして自然に抱かれる、という行為を受け入れても良くなるのです。



肩を抱かれて、うっとりしていると、エッチしてもいい気分になる。

恋愛映画などを彼と一緒に見ていて、ムードが高まるとエッチしてもいい気分になる。

と言うように、そこに行くまでの雰囲気やプロセスが重要なのです。



好きでもない相手とは、エッチしたいと思いませんね~。

ちょっとでも好意がなければ、会いたいとも思わないし、会うだけ時間の無駄って思う。

手なんか触られたら、本気で嫌~って思うものです。

あ、コレはわたしの場合ですけど。

会いたいな、どうしてるかな、気になるな。って思うってことは、

好きなんだろう。。。と思う。

意味なしメールとか、内容変なメールでさえ、嬉しいと思うものだと思われ。。。




でも、中には会ってすぐエッチできるひともいますよね。

男性でも女性でも。

そういうかたは、テストステロンが多いんでしょうかね。。。




ってコトなので段階を踏みましょう。

徐々に、順番通りに、その気になるまで待っててください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。