スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハツコイゴコロ-3

悠は、座り込んだ私の前に、同じように腰を下ろすと、さっきと同じように

顔を覗き込んでくる。

「見ないでったら!」

呆れていたのに、また干渉するつもりなんだろうか。

こんな泣き顔のみっともない姿を、好きなひとに見られたくなかった。

しばらくの間、ふたりともそのままの体勢でいたんだけれど、いつまでたっても

泣き止まない私に、とうとう悠が大きなため息をついた。

それを聞いたとき、とうとう本当に呆れられたんだと思った。

こんな訳もわからないまま、目の前で泣かれたって、迷惑だよね。

「あのさあ佳奈。泣くなよ、な?」

言いながら悠の手が私の頭を撫でた。

まさかそんな風に優しく触れられるなんて思わなくて、びっくりして顔を上げた瞬間、

後頭部を引き寄せられて、悠に抱きしめられた。

悠の肩口辺りに顔を埋めるような格好で、膝が地面について、何だか中途半端な体勢だ。

「俺……さぁ、俺……」

悠の声が、耳元で聞こえる。

首筋あたりに、悠の息づかいを直接感じた。

背中に回された悠の腕に力がこもって、私は混乱した。

心臓がドキドキを通り越して、口から飛び出しそうになっている。

耳の内側から、身体の中から、心臓の音が身体中を支配したように鳴り響く。

「佳奈……」

少しかすれたような悠の声。

悠の力が少し緩んで、それとともに身体も少し離される。

背中を抱いてくれていた悠の手が、私の頬に触れた。

ますますドキドキして、顔も上げられなかった私の目の前に、悠の顔が迫ってきたかと思ったら

一瞬だけ、唇に何かが触れた。

「え……なに?」

「は? なにって何だよ」

何だかわからないまま、悠に身体を突き放された。

「悠……」

「こんなとこにいたらさ、何するかわかんねーし。涙、止まっただろっ、帰るぞ」

立ち上がって服についた埃でも払うような仕草をする悠を、私はじっと見ていた。

「置いて帰るぞ、早く来いよ」

「あ、うん」

慌てて立ち上がり、先に歩いてゆく悠を追いかけた。

涙は悠が言ったように、とっくに止まっていた。

何で泣いていたんだろうと思えるくらい、さっきの悠にされたことが気になっていた。

悠のあとをついて歩きながら、指先でそっと唇に触れてみる。

もしかして、触れたのは悠の唇?

だとしたら、あれは……キス?

キスなんかしたことがなくて、それがどんな感触なのかもわからない。

唇じゃないかもしれない。悠の頬が当たっただけかもしれない。聞いたら答えてくれるだろうか。

だけど、そんなことが聞けるような雰囲気じゃないし、キスじゃなかったら、ひどい自惚れ

だろうし、恥ずかしくて結局何も聞けないまま、私の家に着いてしまった。

「じゃあな、おやすみ」

そのまま背を向けて帰って行く悠の背中を見送りながら、その姿が見えなくなるまで

その場を動けないでいた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。