スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい居場所②

~明里side~


どうにかしてあのTシャツを取りに行けないだろうか、と明里は考えていた。

すぐそこに見えるのに取りに行けない。

だって、他人の庭だもの。

勝手に入ったら不法侵入だし、かと言って自分のTシャツでもないのに

取りに来ましたとも言えないし、でもどうにかして手に入れたいと思っているのは、

それは……。

そう考えているうち、日が傾いてきた。

気になってもう一度ベランダに出ると、階下の住人が

洗濯物を取り込んでいるのが見えた。

「あ……」

落ちているTシャツに気づいたらしく、その人はTシャツを拾い上げると

首をかしげながら辺りを見回し、そして不意に上を向いた。

「うわっ……」

急に目が合ってドキンとしてベランダから離れるけれど、

見ていたのにはきっと気づかれたに違いない。

心臓のドキドキがおさまらないうち、急に玄関のチャイムが鳴ったから、

さらにドキンとする。

そろそろと玄関に近づいてドアスコープから外を見ると、

さっき目が合った階下の女性がいた。

明里はすぐにドアを開ける。

「下の102号室の本城です。これ、落ちてたんですけど……」

差し出された本城さんの手には、あのTシャツがあった。





~美波side~


洗濯物を取り込もうとしたとき、ふと足元を見ると見覚えのないTシャツが

落ちていた。

どう見ても自分のではない。

風で飛んできたんだろうか。

どこから?

そう思いながら辺りを見回し、不意に上を見上げたとき、

2階の女の子がこっちを見下ろしているのに気がついた。

「ああ、そっか」

上から落ちてきたんだ、と美波は納得し、洗濯物を取り込んでしまうと

そのままTシャツを持って2階にあがった。

チャイムを押すとしばらく間があったものの、返事もなしに

いきなりドアが開いたので戸惑った。

こんな物騒な世の中なのに、相手を確かめずにドアを開けるなんて、

無用心な女の子だ。

「下の102号室の本城です。これ、落ちてたんですけど」

言うと、その子は美波の持っているTシャツを凝視する。

「それ、それね、私のじゃないんだけどね」

「あ、違ったんですか、ごめ……」

「いいのっ!!」

その子はTシャツが破けるんじゃないかって勢いで、

美波の手からTシャツを奪い取った。

ビックリしている美波に、その子は言った。

「それね、隣の203号室の長沢さんのTシャツ。彼がそれ着ているの、

見たことあるもん」

そうだったのか。私の勘違いだったのか。

だったらこの子ではなく、隣に持って行こうと思い、美波はその旨を伝えようとした。

「じゃあ、風でうちに飛んできたんですね。私、真上のあなたのところから落ちてきた

とばかり思っ……」

「だからいいの!」

その子は美波の言葉を遮るように言葉を続ける。

「だって、今持って行っても長沢さん、いないよ。彼、夜遅くならないと帰ってこない

し。美容師なのよ、彼。だから今日も日曜だけど仕事。特に今日は忙しいから、何時

になるかわかんない。だから私が預かってあげる。隣だから彼が帰って来ると気が

つくし、それがいいと思うのよね」

聞いてもいないことを、ペラペラと明かしてくれるけれど、

はっきり言ってそこまで隣の人に関心があるわけではないし、

この子が返してくれるというのなら、預けてもいいと思った。

隣同士だし、きっと仲良しなのかもしれない。

「じゃあ……」

よろしくお願いしますといおうとしたが、先に言われてしまった。

「じゃね、ごくろうさま」

目の前で閉まったドアを見ながら、イマドキの子だな……

と美波では考えられないあの子の言動に苦笑した。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめteみた.【優しい居場所②】

~明里side~ どうにかしてあのTシャツを取りに行けないだろうか、と明里は考えていた。 すぐそこに見えるのに取りに行けない。 だって、他人の庭だもの。 勝手に入ったら不法侵入だし、かと言って自分のTシャツでもないのに 取りに来ましたとも言えないし、でもどうに...


まとめteみた.【優しい居場所②】

~明里side~ どうにかしてあのTシャツを取りに行けないだろうか、と明里は考えていた。 すぐそこに見えるのに取りに行けない。 だって、他人の庭だもの。 勝手に入ったら不法侵入だし、かと言って自分のTシャツでもないのに 取りに来ましたとも言えないし、でもどうに...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。