スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭痛にビオフェルミン?

昨日の朝から風邪具合が悪かった僕は、とうとう今朝には高熱が出てしまい、起きられなくなった。
ちょうど仕事も休みの日だったので、悠を学校へ送り出すとそのままベッドへ直行した。
日頃から、睡眠不足は感じていたが、寝つきも寝起きも悪かった。
精神的にも体力的にも限界を感じていたのだろうか、熱が出るなんて、体が休めとSOSを出したんだろうな、と思った。
僕は食事も摂らないまま、悠が帰る4時過ぎまでぐっすり眠っていて、チャイムの音でやっと目が覚めた。
玄関まで歩いていくのも辛かった。ふらふらしながらドアを開けると、心配そうな顔で悠に聞かれる。
「大丈夫?」
「さあ、どうかな」
笑顔を作って大丈夫だよって言うつもりが、つい本音で答えてしまう。
「寝てたほうがいいよ」
「うん、そうする」
今まで寝てたんだけどね、と言いつつベッドへ潜り込む。
すぐに悠がなにやらごそごそする気配を感じ、ベッドの部屋へやってきた。
「お父さん、これ飲んだほうが早く治るよ」
枕元に差し出された悠の手のひらに、2粒の白い錠剤が乗っている。
「え、何の薬?」
「ビオフェルミン。頭痛いとき、飲んだら治るんでしょ?」
「……ああ、ありがとう。でも、それはお腹の薬だよ」
「お腹? じゃあ、頭は良くならない?」
悠は良くお腹をこわすので、時々ビオフェルミンを飲んでいる。
それでよくなるので、僕の頭痛にも効果があると信じて疑わないんだろうな。
悠に心配をかけたくなくて、僕は体を起こした。
「お父さん、寝てていいよ」
「もう平気。ご飯の用意をしよう」
心配そうな悠に、お腹すいただろ? と聞くと素直にうなずく。
「気をつけておりて」
悠が僕の体を支えてくれた。
昔は良く可愛い悠をぎゅっと抱きしめてた。
最近はふたりで部屋にいても、お互い別々のことをしていて、スキンシップどころか、まともに会話もしていなかったような気がする。
自立してきたとはいえ、もう少し構ってやったほうがいいのかな、と思っていた。
久しぶりに悠を抱きしめると、「やだよ」と言って離れようとする。
「ごめん、ツライんだもん。ちょっとだけ癒されたい」
ちょっとふざけ半分に言うと、悠は「しょうがないな」なんて言いつつも、僕の体を抱きしめてくれた。
子供の温かな体を抱きしめていると、本当に体にパワーが湧いてくるような気がして来る。
スキンシップは癒される。
改めて、その大切さが身に染みた瞬間だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。