スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋にとどくまで~梨々の恋 1step

はじめに。

★梨々(りり)の視点で書いてますが、梨々は自分を「梨々」と呼びますので「私」となっていません★


~梨々の恋~1step


 高二の11月、両親が離婚した。

 若いときに結婚したから、早くに働き始めた父は、他の人よりも頑張らないと出世も出来ないからと言

って、ひたすら仕事に打ち込んでいた。

 だから母は淋しかったんだろう。他の男と逃げた。

 梨々はついて行かなかった。と言うより、連れて行ってもらえなかった。

 梨々がついて行ったら邪魔にされることくらい高校生にもなればわかる。

 梨々は父の元に残ることになった。

 母の浮気がバレた時、やっと父は母の顔をまともに見ていたような気がする。

 だけどもう遅かった。

 もっと早く父が母に優しい顔を向けてあげていたら、母は他の男なんか見なかったかもしれないのに。

 だからって、父だけのせいでもないと思った。

 若いときに結婚したのは、梨々が出来たせいだ。

 二人でエッチして、二人で梨々を産むって決めたくせに、父だけが悪いと決めるのはおかしい。

 でも、浮気をされた父を、可哀相なんて思わない。

 母だけじゃなく、梨々だって父にほったらかされていたんだ。

 父が仕事に打ち込んだのは、母と梨々の生活のためだと思うけれど、結局仕事と家庭のバランスがうま

く釣り合ってなかったからこうなったんだ。

 大人のくせに、ふたりとも何を考えてるんだろう。

 二人で梨々をほったらかした。

 二人とも、自分のことしか考えてない気がした。 

 そして結局。

 父は前以上に仕事にのめり込んで行った。

 父は、生活のために働いているんじゃないと思った。現実から逃げてるだけだ。仕事に打ち込むこと

で、嫌なことから逃げているんだ。

 梨々のことなんか、まるで見えていないように無関心だ。

 父も母も、梨々が出来なければって思っていたかもしれない。

 梨々が産んでって頼んだわけじゃないのに。

 

 
 
 12月のある土曜日。

 梨々は友達の高野苺花(たかのいちか)と、ファミレスのランチを食べに行った先で、

クラスメイトの伊沢大和(いざわやまと)に偶然出会った。

「一緒に食おうぜ」

 大和に誘われて、同じテーブルで食べることになった。

 梨々は、大和の前に座っていた人が、大和の隣に移動するのをじっと目で追った。

 ──カッコイイ人だなー。

 ずっと見ていたら、その人が気付いて笑った。

「大和、紹介しろよ」

「ああ、同じクラスの中原梨々と、高野苺花。こっちが……」

 大和がカッコイイ人を紹介してくれる。

「中学の時の先輩で創樹(そうき)さん」

 それぞれによろしく、と挨拶をかわして席に落ち着いた。

 大学二年生の創樹さんは、ホントに見れば見るほどステキな人だった。

 いいなあ、あんな人が彼氏だったら……。

 そう思っていたのに、ファミレスを出たとき、創樹さんに誘われたのは、苺花のほうだった。

「いいなあ、苺花」

 梨々は大和に本音を漏らした。

「創樹さん彼女いるんだぜ。全然良くねーし」

 大和が呆れたような声を出す。

「えーっ、彼女いるのに苺花を誘うなんてっ!」

 母の不倫を見て、梨々は浮気に人一倍敏感になっていたのだ。彼女がいるのに。

 梨々の熱は一気に冷めた。それどころか創樹を軽蔑してしまう。

「俺、相談する人、間違えたかもしんない」

「相談?」

 二人で並んで歩きながら、梨々は大和を見上げた。

「うん。創樹さんに女の子のことで相談していたんだ」

「女? あ、大和、好きな子いるんだ?」

「そーゆーこと」

 大和は目をそらしながら、ちょっと照れ臭そうに言った。

「誰?」

 梨々は興味津々に大和に聞いた。

「誰だっていいじゃん。っつーか、送るよ」

 素直には白状してくれない。

 大和は顔を赤くして、先に歩いてゆく。

「告んないの?」

 梨々は後を追いながらさらに聞いた。

「今告ってもどうせダメだと思うし。今はまだ言えねー」

「ふうん。慎重なのね」

「うるせーな、行くぞ」

 たぶん照れ臭いんだと思う。大和は梨々を置いて、一人ですたすたと歩いてゆく。

「どこ行くの?」

「帰るんだよ。送っていく」

 大和とは、あまり話したことがなかったけれど、こうしていると意外と楽しい。

 大和はクラスの中では目立っているほうで、見る限り悪いやつじゃないって思う。

 クラスメイトと学校外で会うのって、何だか不思議な感覚だ。

 初めて見た私服は、オシャレだしカッコイイ。

 今日だけで、一足飛びに親しくなれたようで、梨々は嬉しかった。



 2stepに続きます♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。