スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋にとどくまで~梨々の恋 16step

16step



 涼がいない一ヶ月の間、梨々は苺花と大和を交えて、三人で遊ぶことが増えた。

 今日も三人でカラオケに来ている。

 だけど、梨々は邪魔なんだろうって時々思った。

 誘われても梨々が遠慮すれば、大和が苺花に告白するチャンスがきっとあって。

 ちょうど苺花も今はフリーなんだ。

 大和が告白すれば、もしかすると気まぐれにオーケーするかもしれない。

 そうだ。

 今日は用事があるからと言って、先に退散するとしよう。

「あ、もしもしー」

 急に苺花の携帯が鳴って、苺花が誰かと会話を始めたので、大和が気を利かせて

カラオケの曲のボリュームを絞った。

「ハイハイ、オッケーです。行きますー」

 苺花は言うと、携帯を閉じてこっちを見た。

「ごめん、梨々、大和。私、用事が出来たから行くね」

 しまった。苺花に先を越された。

「どこ行くの?」

「新しい男になるかもしれない人のところ」

 苺花が意味深な笑みを浮かべた。

「1回やったら、わりと上手だったからっ」

 ふふっと笑って、苺花は肩をすくめる。

 苺花は、エッチの良し悪しで相手を決めるんだろうか。

 じゃあねー、と苺花はカラオケの支払いもせずに、行ってしまった。

 結局、カラオケ代は大和と半分ずつ払ったけれど、お金よりも苺花の行動のほうが、

大和にとってはショックだろうなって思った。

「ドラクエしてく?」

 だから梨々は、大和の好きなドラクエに誘ってあげた。

 苺花がしていることに比べれば、梨々と大和がゲームをするくらい可愛いものだ。

何でもないようなことなのだ。







「その後、新しい彼になるかもの人とはどう?」

 大和の気持ちを考えて、梨々はさりげなく苺花に探りを入れた。

「あー、あれね」

 学校の帰りに、ファーストフードの店に寄っていた。

 苺花はシェイクをストローで一口飲むと、梨々をチラッと上目使いで見る。

「女いたから、やめた」

「女いたの?」

「いたのよ。彼女いないとかウソついてさ。そんなに私とやりたかったのかなって

感じ。最悪でしょ? 創樹思い出しちゃったよ」

 苺花はハアッとため息をついた。

 苺花には悪いけれど、梨々は心の中で「やったー」と叫んだ。

 今こそ、大和の良さをアピールするチャンスだ。

 大和なら彼女もいないし、ちゃんと苺花のことを好きだと思っているんだから。

「やっぱ、若い男はダメだよ。まだ自分が遊びたいわけじゃん? こっちも遊び

たいんだけど、遊ばれるのはイヤよね。はー、そう考えるとやっぱり大人がいい

な。早く紹介してよ、雅人さん」

「……ん」

 大和をお勧め出来なかった。

 大人とは程遠いよね。

 雅人と大和なんて、比べなくてもその差は歴然としている。

 梨々は、大和のほうが雅人よりいいと思うけれど、きっと苺花に大和は物足りないだろうな。

「で、どうなの?」

 ふいに苺花に問われる。

「どうって、何が?」

 首を傾げて苺花に問い返す。

「涼のことよ。何か言ってきた? それとも本当に一ヶ月何もないままなの?」

「……ないままなの」

 涼の言っていた予定の一ヶ月は、もうすぐだ。



 あと一週間。


 予定通りなら、あと一週間で涼が帰ってくる。そして涼からの返事がもらえるんだ。


「待ってるつもり?」

「うん。待ってる」

「はー、健気だね、梨々。私だったら適当にやって過ごすな。ちょうど大和とか

手ごろに側にいるわけじゃん? やったら案外すっごいかもよー」

「だったら苺花がやってみればいいじゃん」

 言ってやった。

「ええっ……、ダメよ私は。だって、大和は……私なんか相手にしないよ。私なんか

さ、梨々じゃないしっ」

 苺花は、勢い良くシェイクをぐるぐるとかき回している。

 何かまずいことでも言ったのだろうか。

 苺花はそれきり、怒ったような態度になって、梨々とまともに喋ってくれなくなった。




小説ブログランキング  ←ここは総合ランキング 奏は今、何位? 

あまり進展ありませんでしたね~。次回は急展開!?(本当かな~)お楽しみに。

★17stepに続く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。