スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋にとどくまで~苺花と大和(18)

苺花



 秋の海は、真夏に見るのとはまた違った姿をしている。

 ずっと向こうまで続く海を見ていると、心が少し癒されていくような気がした。

「何があったか、言いたくなったらどうぞ。聞くから」

 フェンスにもたれるような格好で涼は、私の隣で顔を覗き込みながら笑って言った。

 ちらりと涼に目を向け、すぐに海の方へと視線をそらす。

 悔しいけれど、涼に私の誘惑は通用しないような気がする。

 車でここに向かう途中も、試行錯誤しながら涼に話しかけたけれど、まるで子供を相手にするように、

軽く笑われかわされた。

「梨々が言ってたんだけど、大和くんが好きなんだって?」

「うん……好き」

 何故だか驚くほどあっさりと、素直にうなずけてしまった。

 何故だかわからないけれど、何を言っても受け止めてくれるような気がした。

「ストレートに言えばいいだけ。でも、それが言えないから悩んでるんだろ?」

「そうよ。その通り。言えればこんなに苦労してない。遠回りしてないよ」

「だよね」

「……大和はまだ、梨々が好きなのよ」

 答えなんか聞く前からわかりきっていたけれど、あえて涼に聞いてみた。

「涼は、梨々と別れる気はある?」

「0パーセント、あるよ」

 ハハハと笑われる。

「残念だけど、梨々を大和くんに渡す気はない」

 そういうことだろ? と涼が言った。

 嫌になるくらい、見透かされている。

「梨々が言ってたんだけど、大和くんに告白して振られたら死んじゃうんだろ、苺花ちゃん」

「し、死ぬわけないじゃん」

 いったい、いつの話よ。

 そういうことを言った気もするけど、それを涼にまで言わないで欲しい。そりゃ、夫婦で隠し事がない

って言うのは理想的だし、羨ましいなって思うけど、話し過ぎよ。

「じゃあ、告白しろよ」

「しろよったって……」

「大和くんの幸せを願う気持ちは、いいね。微笑ましくさえ映るよ。でも、そのせいで不幸になるひとも

いるわけだ。この場合、梨々と俺だよね。いや、違うか。作戦は失敗に終わるんだから梨々も俺も不幸に

ならないか。苺花ちゃんの計画倒れだね」

 不幸なのは、苺花ちゃんだって笑われた。 

 ムカツク言い方だったけれど、外れていないので、怒れない。

「身を引くのも、当たって砕けるのも結局は同じことだろ。まあ、傷つき方はちがうかもしれないけど、

ふっきれると思うよ。ずっと消化不良みたいに体の奥深くに想いを閉じ込めたまま、自分を偽って生きて

くんだ。つらいと思うし、次への出会いにも影響すると思うけどな」

 涼の言っていることの意味はわかる。

 自分自身、ちゃんとわかってることだ。

 涼に言われなくても……ちゃんと知っている。

 彼氏が欲しかったんじゃない。

 私の欲求を満たしてくれる人が欲しかったんじゃない。

 大和が欲しかったんだ。

 大和しかいらないって、決めてたはずなのに私はまた何を繰り返そうとしているんだろう。




「じゃあね、元気だせよ」

 私を車から降ろしたあと、家の前まで送ってくれた涼が、運転席に座ったまま、助手席の窓越しに笑顔

で言う。

「ありがとう。ごめんなさい」

「気にしないでいいよ。誰でも行き詰まることはあるんだし、とんでもない行動とりがちな時もある。

梨々にも大和くんにも言わないから」

 じゃあね、と軽く手をあげてから、涼は帰って行った。

 彼の車じゃないんだから、見えなくなるまで見送る必要もないと思ったんだけど、私は涼の車をじっと

見送ってしまった。

「はあ……疲れた」

 あまりにも自分が子供に思えた。

 涼は、きっと浮気なんかしないんだろうな。

 梨々がうらやましいと思う。そんな風に私も愛されてみたい。

 もちろん、涼にじゃない。

 大和とそんな風になれたらいいのにな。

 ぼんやりと妄想しながら、家の玄関を開けた。

「あら、どちら様かしら」

 母の嫌味を聞き流し、自分の部屋にあがろうと階段に足をかけたとき。

「大和くんから、何度も電話があったわよ」

 後ろから母に言われた。

「連絡欲しいんですって」

 私は迷った。

 すぐにでも電話はしたい。だけどまだ、心の準備が整っていないのだ。

 今言ったら、きっととんでもない告白になってしまう。

「何だか用事があるようだったから、早くかけなさいね」

 母は言い残し、キッチンのほうへ行ってしまった。

「そっか……」

 用事があるのは、大和のほうで、私の告白を待っているんじゃないのだ。

 心の準備は必要ない。

 何か用? と言えばいいだけだ。

 携帯がないのは不便だけど、まだ購入できるほどのお金はない。

 リビングに置いてある電話の前まで、私は行った。

「そこのメモに番号書いてるから~」

 メモ用紙に、大和の名前と番号が書いてある。

 何度もかけたことのある大和の携帯番号だけど、こんな番号だったけ、と改めて思った。

 アドレス登録しているから、いざって時に思い出せないんだろうな。

 受話器をあげ、私はその番号をプッシュした。




  続く
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。