スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋にとどくまで~苺花と大和(22)

苺花




大和を追い返した日から、一週間が過ぎた。

大和からの電話もメールもない。

私からもしていない。

気になるけれど、どうしようもなかった。

大和は私を、何とも思っていないことがはっきりした。

ただそれだけ。

以前と何も変わりはない。

だけど、気持ちを知られてしまったから、恥ずかしくて、合わせる顔がない。だけど会いたかった。

振られたら死んじゃうかと思っていたけれど、死ななかった。

人間って、意外と丈夫に出来ているものだと思う。

開き直ったら、どうってことのないような気になってきた。

今まで通りでいいのかもしれない。

友達のまま、大和と遊べればいいんじゃないのかな。

大和が受け入れてくれるならばの話なんだけれど……。



私は、大和に電話をかけることにした。まだ携帯がないから、自宅の電話からだ。

受話器を上げて、耳に当てる。深呼吸をしてから大和の携帯の番号を押した。

すぐに大和の声が聞こえる。

「苺花?」

良かった。

無視されたらどうしようかと思っていたから、とりあえず出てくれたことにホッとした。

「遊ぼうよ、大和」

 平静を装って言ってみると、大和のほうも普通の調子で答えをくれた。

「ごめん苺花。今日バイト早番でさー、4時には店に行かなきゃ……」

「まだ2時だよ。あと2時間あるじゃんっ」

 めげそうになりつつ、必死で約束を取り付けようと言葉を続けた。

「大和が遊んでくれないと、つまんないっ!」

「他に誰かいねーのかよ」

「いないもん。大和がいいの。大和じゃなきゃ遊ばない」

 いつもの調子でワガママを言ってみた。

 電話の向こうの大和は、すぐに答えてくれなかった。

 やっぱり今までのようにはいかないのかな。

「会いたいな。会えない? 少しでいいから」

 今度はお願いしてみる。

 小さく、タメイキのような音が耳に届いた。

 困ってる? 困ってるよね、引いちゃったよね?

「ごめん、大和……。わがまま言ってごめんね」

「いいよ。終わってからでいいなら」

 大和の「いいよ」と言う言葉ひとつで、今まで落ち込みそうになっていた気持ちが一気に浮上する。

「いいよ」のひとことで、身体中が幸せな気持ちで満たされる。

「いいの?」

「いいよ、行くよ。9時には終われるから、とりあえず電話する」

 電話を切った後、しばらく動けなかった。

 良かった。

 まだ友達が続いてたんだ。

 まだ大和と会える。まだ続けていられる。

想いが届かなくてもいいような気がしてきた。

 付き合って、別れて、二度と会えなくなるよりは、友達のまま側にいて、ずっと仲良くしていければ、

その方がずっとずっと幸せなんだと思った。






短くてごめんなさい(><)次回のお話の都合上、ここまでの掲載になりました~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。