スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【27】巻き添えの代償

翌日のウエディングショーは、ハイテンションでやれた。

何もかもを振り切るかのように、ヤケクソでやったようなものだ。

だから、ショーが終わったあとは、一気に脱力してしまい、ぐったりしてしまった。

「大丈夫か? 昨日、遅くまで起きてたんじゃないか?」

昨日、透弥と一緒に帰ったところを中原に見られている。

きっと、遅くまでエッチしてたとか思われているんだろうけれど、そんな理由ではない。

「今日は早く寝たほうがいいよ」

一緒に駐車場まで歩いた。

昨日のことがあるから、今日も透弥が来ていると思われてたようだけど、いるわけがない。

だから今日は、中原に送ってもらおうと思っていたが。

「あ……」

功至がいた。

きっと、昨日のことを透弥が功至に言いつけたんだ。

功至は、理花に気づくと怒ったような顔をして近づいてきた。

「おまえ、透弥に何した?」

何って、透弥から全部聞いたんじゃないの?

「功至くんって透弥くんの保護者? 何で何かあるたびにいちいち出てくるのよ」

いつもならひるむところだけれど、今日の理花は不機嫌だ。

しかも最悪に不機嫌だ。売られたケンカを買ってやってもいい気分だ。

「おいおい、こんなところでケンカするなよ」

中原が功至と理花の間に入った。

「なんだおまえ」

功至は怪訝そうに中原を睨んでいる。

「功至くんに関係ないでしょ!」

理花は中原の腕をつかんだ。

「行きましょう、早く」

「ふざけんなよ。おまえ、こいつとも浮気してるのか?」

「は?」

中原が驚いてる。

「そうよ。悪い?」

中原まで巻き添えにしてしまったことを、理花はこの後、すぐに後悔することになる。

あっと思う間もなく、功至が中原を殴りつけたのだ。

「嫌! やめてよ」

倒れた中原は、功至の下敷き。

馬乗りになられて、もう一回殴られてしまった。

「違うの、功至くん。やめて、殴らないで!」

いきなり殴られて、不意を突かれた中原は、抵抗する余裕もなく殴られている。

止めに入っても、功至は聞く耳持たないって感じだ。

理花は携帯を取り出し、電話をかけた。

「もしもしっ! 樹くん、助けて!」

後になって思ったが、どうして樹に助けを求めたのか。

けれど実際、樹がすぐに駆けつけてくれて、その場はおさまったのだ。

ただ、中原は無事ではいられなかった。

「全治、3ヶ月だった」

病院で治療を受けたあと、中原は不機嫌そうに言った。

殴られて顔は腫れ上がっている。

肩から腕骨にかけて、骨にヒビが入っていたそうだ。

しかも、腕は骨折していた。

「すみません」

理花は頭を下げて謝った。

謝って許してもらえるかどうか、わからないけれどひたすら謝った。

下手をしたら、仕事をクビになるかもしれない。

「もういいよ。事情はわかった。至急、新郎役の代理を探してくれないかな」

中原は、チラッと理花の横にいる樹に目を向けた。

「ああ、そうだ。バイト代出すから、君、やってみない?」

「えええ! おれ?」

樹が驚いている。

実際、責任を取って代理をするなら、功至のほうだろう。

けれど、功至は病院まで着いてきたものの、中原に謝ってそのまま帰ってしまって、ここにはいない。

「君しかいないだろう。涼は他の仕事があるし、高浜さんの彼氏はケンカ中で無理そうだし

モデルよりはるかに落ちるけれど、この際しょうがない。身長が足りない分は、

高い靴でカバーできるとして。顔はメイクで少し作れば何とかなるだろう」

と、中原は樹に対して失礼なことを言った。

それほどまでに、ショーに穴を開けることは出来ないのだ。

しかも明日はショーの最終日。絶対やり遂げなければいけないだろう。

そして、明日は事務所に寄らなくていいから、直接ふたりで教会に行きなさいといわれた。


***********


続く。


なんか文章が流れてない気分。。。不調かも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。