スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【4】2次会への誘い

理花を見下ろす功至は、大きくてすごい迫力。

ちょっとびっくりしてしまって、答えに窮していると、

代わりに紗夜が答えてくれた。

「私の友達。高浜理花ちゃんだよ」

そして功至を理花に紹介した。

「彼は宮下功至くん。同じ大学の……」

「余計なことは言うな!」

紗夜の言葉を遮るようにして、功至が大声を出した。

「やだー、こわいー」

肩をすくめて紗夜は理花の陰に隠れる。

「あの、初めまして」

一応、功至に向かって挨拶をしたが、すぐに「ふん」とそらされた。

「あのね、理花」

紗夜が理花の耳元でささやく。

「功至くんって医学部なの。背も高いしカッコイイでしょ。けど、

女嫌いなんだって。もったいないよねー」

紗夜がお節介に、余計なことを教えてくれた。

女嫌いって、どの程度の女嫌いなんだろう。

しゃべるのも嫌なんだろうか。

「じゃあー5人で二次会行くか」

暁登が言った。

けれど功至は暁登の言葉を無視して、透弥に向かって言っている。

「透弥。俺の部屋で飲み直さねーか?」

「うん……」

「そっか。じゃあ行こうぜ」

功至はうなずいた透弥を連れて行こうとしている。

「おいおい、2人で飲むのかよ。俺も混ぜろ」

暁登が追いかけた。その後を紗夜が追う。

「待ってよ。私も行く」

「女は来るな!」

功至が紗夜を追い払う。

「何よー。じゃあ暁登も行っちゃダメ!」

「えー、しょうがねーなー」

何だかもめている。

場に入りきれずに眺めていると、ふいに理花の携帯が鳴った。

着信は、さっき番号を教えたばかりの樹からだった。

みんなに背を向けて電話に出る。

『いま、那絵ちゃんを送り届けて帰るとこ。俺、今からそっちに

合流したいんだけどさ、いまどこ?』

「駅前。今から二次会に行くみたいなんだけど……」

『わかった駅前だな。すぐ近くにいるから、待ってて』

二次会に行く予定なんだけど、もめていることを伝える前に電話は切れた。

「ま、いいか。来ればわかることなんだし」

理花は携帯を閉じて振り向いた。

すぐに功至と透弥の視線にぶつかる。

「あ、あれ? 紗夜と暁登くんは?」

ふたりの姿が見えない。辺りを見回してみても、影も形も見当たらない。

「おまえが電話なんかしてるスキに、2人で行っちゃったよ」

まるで理花のせいみたいに功至が言った。

「しょーがねーから、おまえも来る?」

女嫌いだって言ってたはずの功至が、何故だか理花を誘ってきた。






次回、何かが始まる。。。かな~?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。