スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しい居場所②

~明里side~


どうにかしてあのTシャツを取りに行けないだろうか、と明里は考えていた。

すぐそこに見えるのに取りに行けない。

だって、他人の庭だもの。

勝手に入ったら不法侵入だし、かと言って自分のTシャツでもないのに

取りに来ましたとも言えないし、でもどうにかして手に入れたいと思っているのは、

それは……。

そう考えているうち、日が傾いてきた。

気になってもう一度ベランダに出ると、階下の住人が

洗濯物を取り込んでいるのが見えた。

「あ……」

落ちているTシャツに気づいたらしく、その人はTシャツを拾い上げると

首をかしげながら辺りを見回し、そして不意に上を向いた。

「うわっ……」

急に目が合ってドキンとしてベランダから離れるけれど、

見ていたのにはきっと気づかれたに違いない。

心臓のドキドキがおさまらないうち、急に玄関のチャイムが鳴ったから、

さらにドキンとする。

そろそろと玄関に近づいてドアスコープから外を見ると、

さっき目が合った階下の女性がいた。

明里はすぐにドアを開ける。

「下の102号室の本城です。これ、落ちてたんですけど……」

差し出された本城さんの手には、あのTシャツがあった。





~美波side~


洗濯物を取り込もうとしたとき、ふと足元を見ると見覚えのないTシャツが

落ちていた。

どう見ても自分のではない。

風で飛んできたんだろうか。

どこから?

そう思いながら辺りを見回し、不意に上を見上げたとき、

2階の女の子がこっちを見下ろしているのに気がついた。

「ああ、そっか」

上から落ちてきたんだ、と美波は納得し、洗濯物を取り込んでしまうと

そのままTシャツを持って2階にあがった。

チャイムを押すとしばらく間があったものの、返事もなしに

いきなりドアが開いたので戸惑った。

こんな物騒な世の中なのに、相手を確かめずにドアを開けるなんて、

無用心な女の子だ。

「下の102号室の本城です。これ、落ちてたんですけど」

言うと、その子は美波の持っているTシャツを凝視する。

「それ、それね、私のじゃないんだけどね」

「あ、違ったんですか、ごめ……」

「いいのっ!!」

その子はTシャツが破けるんじゃないかって勢いで、

美波の手からTシャツを奪い取った。

ビックリしている美波に、その子は言った。

「それね、隣の203号室の長沢さんのTシャツ。彼がそれ着ているの、

見たことあるもん」

そうだったのか。私の勘違いだったのか。

だったらこの子ではなく、隣に持って行こうと思い、美波はその旨を伝えようとした。

「じゃあ、風でうちに飛んできたんですね。私、真上のあなたのところから落ちてきた

とばかり思っ……」

「だからいいの!」

その子は美波の言葉を遮るように言葉を続ける。

「だって、今持って行っても長沢さん、いないよ。彼、夜遅くならないと帰ってこない

し。美容師なのよ、彼。だから今日も日曜だけど仕事。特に今日は忙しいから、何時

になるかわかんない。だから私が預かってあげる。隣だから彼が帰って来ると気が

つくし、それがいいと思うのよね」

聞いてもいないことを、ペラペラと明かしてくれるけれど、

はっきり言ってそこまで隣の人に関心があるわけではないし、

この子が返してくれるというのなら、預けてもいいと思った。

隣同士だし、きっと仲良しなのかもしれない。

「じゃあ……」

よろしくお願いしますといおうとしたが、先に言われてしまった。

「じゃね、ごくろうさま」

目の前で閉まったドアを見ながら、イマドキの子だな……

と美波では考えられないあの子の言動に苦笑した。


スポンサーサイト

優しい居場所①

~明里side~


ベランダにに出ると、早瀬明里(はやせあかり)は柵に寄りかかり、空を見上げた。

こんなにいい天気なのに、何の予定もないなんて退屈だ。

日曜日の午後、明里はひとりで暇を持て余していた。

明里は専門学校に通う19歳。

学校ではデザインの勉強をしている。

友だちに電話をしてみるが、みんな先約があった。

明里は男の子にモテるから、男の子たちなら

喜んでデートしてくれるのは分かっていた。

軽くウエーブしたロングヘアは、少し茶色に染めていて、

動くたびにふわりと揺れる。

目もパッチリと大きく、色白な肌は透き通るようにキレイだ。

その上、スタイルだってよいとなれば、

男の子の視線を釘付けにするには十分すぎるだろう。


そう。

小さい頃から、明里はいつもモテていた。

けれど、どんなに言い寄られても、明里はその気になれなかった。

自分から好きにならないと心が動かない。

誘われてデートをしたことはあるけれど、いつも退屈だった。

でも、今は別の理由がある。

このアパートへ引越してきてから、明里は片想いをしているのだ。

隣に住んでいる長沢啓太(ながさわけいた)。

彼を好きになってからは、他の男なんて目にも入らないのだ。

「はあ・・・・・」

明里はため息をつくと、何気なく1回の庭を見下ろした。

「あ、あのTシャツ・・・」

庭に落ちていた1枚のTシャツは、見覚えのあるものだった。

明里は思わずベランダから身を乗り出した。




~美波side~



雲ひとつない青空。

空気はまだ冬の冷たさを含んでいるけれど、洗濯するには絶好の天気だ。

本城美波(ほんじょうみなみ)は布団を干してから、

洗濯物を洗濯機にほおりこんだ。

スイッチを入れれば後は洗濯機が勝手に洗ってくれる。


リビングに戻りソファーに座ると、美波は大きな欠伸をした。

今日は日曜日で、世間一般では休日と言われる日だけれど、

今の美波は毎日が休日だ。

リストラされて2週間になる。

上司の言うことに納得できず、反論したのが原因だと思われる

不本意なリストラだった。

部下が思い通りに動かないと機嫌の悪い男。

その上、自分の買った私物までも会社の経費でおとすような公私混同な男だった。

そういう上司を軽蔑していた美波は、あの日頼まれた嘘の帳簿作成を断った。

それから3日後のいきなりのリストラで、会社の経営難のため、

やむを得ず人員削減をしなければならなくなって申し訳ないなどと理由を告げられた

のだが、すぐには納得できなかった。

けれど、あんな上司のもとで働き続け、自分も嘘つき人間になってしまうよりずっとい

い、と無理矢理言い聞かせ退職を受け入れた。

まだ22歳。いくらでもやり直せるはずだ。


カーテン越しに差し込む暖かな陽射しが心地よくて、

いつの間にか美波は眠りに落ちていた。

約束【番外編】~真っ白なシーツ

ベッドに敷いてあった真っ白なシーツを見て思ったの。


いつかわたしは

あなたの手で

あなた色に染められるのかも。


…って。


未来のこんな場所と

真っ白なシーツの上で

色とりどりに彩られたわたしと

それを見下ろす彼の顔が

見えた気がした。




恥ずかしくなってふざけて笑って


部屋のドアが閉まる前に

エレベーターに向かって走るわたし。

「廊下を走るなぁー」

追いかけてくる清二くんと声に

振り向く余裕がないくらい

照れくさかった。

約束~本能との葛藤

久しぶりに会った佐代ちゃんは、相変わらず小さくてかわいかった。


僕が泊まっているホテルに、こうも簡単に着いてきてくれるとは

思っていなかったけれど、こうして目の前にいる佐代ちゃんを見ていると、

僕と同じ気持ちでいてくれているのかもしれないと少しだけ……

いや、かなり期待してしまう。

「狭い部屋だね」

にこにこ笑いながら佐代ちゃんは、きついことを言う。

「それになんか暗いしー」

予算の都合上、おしゃれとは程遠いビジネスホテルしか予約できなかったのだ。

リゾート地でもない、リバーサイドでもない、

ましてや夜景など見えない街中にあるホテルである。

だって目的は佐代ちゃんに会うことで、交通費だけでもバカにならないのだ。

ホテルを予約したのも、佐代ちゃんに喜んでもらうためじゃなく、

少しでも長く一緒にいたいだけのためだったし、

寝に帰るだけだと思っていたから値段が安いというだけで決めたのだ。

佐代ちゃんがここにきてくれるというのは、妄想の中だけで

実現することまで予測していなかったのだからしょうがないのだ。

「清二くん、キレイなホテルだって言ってたくせに」

期待して損しちゃったよ、と佐代ちゃんは言いながら、

バッグの中から何故だか携帯を取り出している。

「あ、やっぱり着信あった」

「誰から?」

「お父さん」

「えっ!!」

何故かドキンとしてしまうのは、こんな場所に娘を連れ込みやがって、

と言う佐代ちゃんのお父さんの顔が浮かんだからだ。

「ちょっとかけなおすね」

待っててね、と言いながら佐代ちゃんは電話を始めた。

「あ、お父さん?」

聞かないようにしたほうがいいのか、けれどこの狭い部屋では

聞こうと思わずして聞こえてしまう。

「うん、いまね、清二くんの泊まってるホテルにいるの」

「さ……」

思わず叫びそうになった。

何も正直に父親に言うことはないだろうと思う。

だけど、佐代ちゃんの家庭はオープンだから、

何でも話せるんだよって言っていたので当然僕たちの関係も

知られているに違いない。

「え……。うん、うん。そう」

佐代ちゃんの言葉が気になる。顔も心なしか真剣だ。

「うん。ビジネスホテル。えっと、うん、たぶん。でも、わかんない……。うん、そ」

話の全容はわからないけれど、あまり楽しそうな話題ではなさそうだ。

それから間もなく、佐代ちゃんは電話を終えて携帯を閉じた。

「なんかぁ、お父さんにいろいろ言われちゃったー」

「いろいろって……なに?」

「んー、いろいろって、いろいろだよ。でも、清二くんのことも関係あるよ」

「僕の、こと?」

そりゃそうだろう。僕とここにいることを佐代ちゃんはしゃべったんだ。

何となくだけど、あんまりいい話ではなさそうだ。

こういうことは、あまり親に言うもんじゃねーよ……。

などと心の中だけで愚痴を言っていると、佐代ちゃんが急に前かがみになった。

どうやらハンカチを床に落としたようだが、僕の目はハンカチよりも

少し上の佐代ちゃんの胸元で止まった。

洋服の中身がモロに見えた。

心臓がドキッとなる。

こんな密室で、ベッドがそばにあって、部屋は薄暗くて

雰囲気はいまいちだけど……。

僕は座っていた椅子から立ち上がった。

下半身も立ち上がりかけていたが、そこに佐代ちゃんの視線が行く前に

僕は佐代ちゃんの視界を塞ごうと近づきかけたのだが……。

「だめーーーっ!」

思い切り両手で佐代ちゃんに突き飛ばされてしまった。

佐代ちゃんは僕の目の前で両手をバタバタさせながら、

首まで横にぶんぶん振っている。

「こんなことしちゃダメなんだよ、お父さんがダメって言ったんだもん!」

佐代ちゃんは僕に向かってさらに続ける。

「お父さんがさっき言ったの。エッチするのはまだ早いって」

「そ、そんなこと言われた……わけ?」

「うん」

佐代ちゃんはバタバタするのをやめて、こくんとうなずいた。

「お父さんはね、まだ早いって言ったの。清二くんの気持ちもわかるけど、

まだ責任とれる年齢じゃないでしょ、だから我慢してもらわなくちゃって。

私のことが大事だって清二くんが思っているなら

我慢してくれるはずだって言ったの」

そんなの、改めて聞かれなくても大事に決まっている。

大事だけど大好きだから、抱きしめたいと思うんだけど、それもまだ早いのか。

「男の子は……止まらない」

「え……」

「お父さんがなんか、そんな歌を歌ってて、」

「歌????」

「なんかね、止まらなくなるんだって。えとね、き、、キスだけのつもりでも

男の子は暴走族になるんだって」

「う……」

「あ。違った。暴走族じゃなかった、暴走しちゃうんだった。ごめんね」

そこの訂正は大きな問題じゃないのでどうでもいいが、

とにかく佐代ちゃんの父親に今日のことはバレバレで、

そしてもっと大きな問題は、佐代ちゃんにその気はないということだ。

ホテルの部屋までついてきたんだから、当然その気があったんだろうとは思う。

だけど父親からの電話であっさりそれを守ってしまうのだから、

素直と言うか、無邪気というか。

ただ、やる気も下半身もしぼんでしまったけれど、

佐代ちゃんへの愛情はそのままだ。

そして壊したいとも思わない。

大事にしたいから、無理やりするつもりもなかった。

まだまだ先は長いのだ。

僕はもう高校生になったんだからって思いがあったけれど、

大人たちから見ればまだまだ責任もとれない子供である。

周りの友達には、もう普通にやってるやつらもいるし、

責任を問われるような最悪な事態にもなった話も聞かない。

だから、僕たちだってそろそろいいんじゃないかと思っていたけれど、

僕たちは僕たちだ。

周りに合わせる必要はない。

そう、佐代ちゃんがその気になるまで待つんだ。

そうして自然にそうなったときが僕たちの時期。

「夜ご飯、食べに行こうか」

「うん、とろろそばが食べたいー」

無理やり自分をきれいな言葉で納得させた。

約束~大人の関係

先月のGW。

遠距離恋愛中の彼、清二くんが遊びに来てくれた。

大人だったら、たいしたことのない距離だよってお母さんは言うんだけど、

高校生のわたしたちにとって、この距離は毎月のお小遣いだけじゃ

行ったり来たりが難しい距離だと思う。

それを清二くんは学校へ行きながらアルバイトをして貯金をして

そしてわたしのところまで来てくれる。

わたしの高校はアルバイト禁止だから、清二くんのように頑張れないのが悔しい。


そんな清二くんと冬休み以来、久しぶりに会ったんだけど、

清二くんったら、無理をしてビジネスホテルなんか予約していたから

ビックリした。しかも年齢まで偽って、20歳だなんて嘘をついていたから

さらにビックリというか、あきれたというか、実は本音は嬉しかったとか・・・。



「スッゲーキレイな部屋なんだぜ」

清二くんとランチが終わってウインドーショッピングをしていたとき、

話題の中にホテルの話がでてきた。

「み・・・見にくるか?」

何故か清二くんは挙動不審に目を泳がせて、どもりながらわたしに聞いた。

ココロのなかで、心臓がドキンと跳ねた。

ホテルの部屋を見に行くってことは、もしかするとオトナの関係に

なってしまうかもしれない。

まだ、キスもしたことがないのに、急にまさかそんな展開はあるはずないかな。

頭の中で、行く? 行かない? 行きたい? どうする?

いろんな想いがぐるぐる回る。

友達の中には、もうそういう関係になってる子もいるし、

そうなってもっと親密になれたとか、愛されている実感がわくとか聞くし

わたしたちも付き合っているんだから、そうなってもいいんだと思う。

でも・・・・・。

痛いのは・・・嫌・・・。

怖い・・・・。

でも、好きならそれくらい我慢しなくちゃ?

「あ・・いや、ちょっと言ってみただけさ。気にすんな、忘れて」

わたしが長い間、沈黙していたせいで、清二くんは誘うのをやめた。

「え、忘れていいの?」

「え・・・えええ? 佐代ちゃんは・・・いいの?」

「・・・・う、うん。ちょっとなら」

いいよ、とうなづいてそのまま顔を上げられなくなった。

わたしの顔は、きっと真っ赤になっていると思う。

清二くんは、ただ部屋を見せてくれようとしているだけかもしれないのに、

わたしったら、エッチな妄想なんかしてしまって、恥ずかしい。

どうしよう、エッチな子だってバレちゃったらどうしよう。


結局わたしは、清二くんについてホテルに行くことにしたのだけれど・・・。



光る水面

風もなく穏やかに流れる川

ゆるやかなその水面にうつる光る月も

ゆらゆら揺れながら

そこにキラキラ光りとどまっているようで

ゆったりとそこから動いてゆく


緩やかに流れる川と光る水面を見ながら


緩やかに訪れるであろう

幸せな未来を思う夜

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。