スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【28】別れの言葉を携帯で

短いけど、続き書いてみました~


やっと小説ブログらしい記事になったわ~((((((≧∇≦))))))








病院からの帰り道、理花は樹に言った。

「明日のショー、よろしくね」

「うん。けど、俺上手くやれるかな。ってゆーか、俺なんかでいいのかよって思っちゃったぜ。

自慢じゃねーけどさ、顔にだけは自信ないんだよなー」

あはは、と自虐的に笑う樹に、理花はフォローの言葉をかけた。

「そんな風に言わないでよ。わたし、樹くんの顔ってわりと好きだよ」

「なんだよー、わりとってとこがちょっと引っかかるな。でも、好き? いま、

理花好きって言ってくれた?」

「うん、言った言った。嬉しい?」

「嬉しい。俺も理花の顔好きだよ」

「顔だけ?」

「まさかだろ。全部だよ、全部好き。大好き」

恥ずかしげもなく、樹は好き好き連発してくる。

こっちのほうが、照れてしまう。

「理花も早く、俺の全部を好きになって欲しいもんだ」

ピンチのときに呼ばれたとあって、樹はかなり機嫌がいい。

「ったくよー。透弥には功至が見張りみたいについてるしな、これを機会にすっぱり

諦めるのもいいかと俺は思うわけだ。な? それがいいよ、そうしよう」

「そうだね、そうしようかな」

今回のように、何かあるたびに功至が出てくると思うと、透弥に対して何も言えないし

出来ないのは目に見えている。

フラれるってことが、プライドの邪魔をするとすれば、理花から先に別れを

告げるのもいいかもしれない。

「今から透弥くんと別れるね」

いきなり理花は言って、携帯を開いた。

2コールで透弥は出た。

「あのね、わたし、透弥くんと別れるから」

そう告げると、透弥は何か言ってたようだけど、無視してそのまま電話を切った。

そして着信拒否までしてやった。

「終わったー。別れたよ。今からわたしは自由だもん」

妙に心がスッキリしていた。

「またまた理花ちゃん、思いつきで行動するから。後悔しても知らねーぞ」

「後悔なんかしないもん」

「そっか? じゃあ、俺と付き合おう」

「それはダメ。まだ付き合わない」

「ええー。何でだよー」

「しばらく自由を満喫するの。それまでいいオトモダチでいようね、樹くん」

樹は大袈裟にため息をついた。

樹とは、こんな風に何でも気軽に言える。

これは恋人同士じゃないから?

この距離感が心地いい。

まだしばらくの間、樹とはこんな風にしていたいと思った。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。