スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束~冬休みの宝物

朝早くのバスに乗って、目的の駅に急いだ。

急ぎすぎて、予定時間より早く着いてしまった駅のホーム。

吐く息は白くて、ポケットの中の手も冷たかったけれど、

心の中はどきどきして、暖かだった。

やがて、ホームに列車の到着を知らせるアナウンスが響き、

どきどきはますますヒートアップしていく。

「あ、記念撮影」

私はバッグの中からデジカメを取り出して、ホームに入ってくる列車の写真を撮った。

清二くんが乗ってる列車。

かじかんだ手でシャッターを切ったから、あまりキレイに撮れなかったけれど、

これもいい思い出の一枚になるだろうと思うと、嬉しかった。

どれくらいぶりだろう、久しぶりに会って、どんな顔をしよう。

ちゃんと笑顔で会えるかな。

清二くんは、変わらず優しくしてくれるかな。

いろんなことを一瞬のうちに考えていると、列車が止まってドアから清二くんが降りてきた。

「おはよう」

「……おはよ」

いざ、目の前に立たれると、緊張してしまって恥ずかしくて、まともに挨拶もできなかった。

お互い、それきり会話がないまま一緒にホームの階段をおりる。

そして、約束していた目的の場所まで移動した。

並んで歩くふたりの距離は、微妙に離れている。

あんなに電話で話していたのに、いざ会うとどうしてこんなにぎこちなくなるのか。

会えたのに嬉しくないの?

会えたのに、どうして笑ってくれないの?

私の心の中は、不安でいっぱいになっていく。

だけどそれは、観覧車に乗ってしばらくすると払拭された。

もうじき頂上だと言うとき、清二くんがわたしの指に指輪をはめてくれたのだ。

どこに隠し持ってたのかわからないけど、いきなりだったから驚いた。

「これ、渡そうと思ってずっとドキドキしてたんだ」

あ~、緊張した。

と、笑う清二くんの顔が、真っ赤になってた。暑くないのに汗までかいてた。

いつも、わたしよりたくさんしゃべる清二くんが、

ずっと無口だったのは、これのせいだったのだ。

「うれしい、ありがとう」

「いまは、こんなのしかやれないけどさ、いつか本物の指輪を買うからな」

ラピスラズリのブレスレットとおそろいの青。

サファイヤの石は、わたしの誕生石だ。

宝物がまた増えた。

約束。

約束が叶えられた幸せと、また新たな約束が出来た幸せを、

冬休みに会えたあの日、同時にもらった。

約束は、わたしにとって、人生の中の大きな大きな宝物だ。











スポンサーサイト

れんあいろん。みたいなの

ひとめ惚れ

と言うことがあるように、

ひとめ冷め

と言うこともあったりしませんかね~


とか考えたの。


でも、ずっと好きだった相手に対し、一瞬で冷めると言う気持ちはどうなのか。

たぶん、知らない間に冷める要素(あまりに些細すぎて、見逃しがちだったり)が

徐々に徐々に積み重なり、ある日突然、そのズレに気がつくって感じかと勝手に解釈。

小さなズレは、やがて大きな溝になり、修復不可能なくらいになっているのです。


怖いね~



不満は飲み込まず、やっぱり小出しにしていくに限るかな。

ストレスと同じ。

溜め込むと、良くない。


話し合うことは必要。

話したいことを話せない関係は、良くない。

話さなきゃ成長もないし、ふたりの未来も暗い。



何事もひとりよがりは危険。

話し合った上での妥協は必要かもしれないけど、妥協点は間違えないようにしよう。

絶対譲れない箇所って、あると思うし。。。

いやいや妥協しても、楽しくないし。



退屈な時間とか、寂しい心の隙間とか、単純に埋めてくれるなら相手は誰でもいい。

好きなひとじゃなくても、同性でもいいわけだけど、より楽しい時間にするには

やっぱり好きなひとと一緒のほうが、いいのよね~

心の癒され度が、ぜんぜん違うから。




さいきんこころがおつかれぎみのわたし。。。。

肉、食いたい。

幸せホルモンが滞ってる。分泌しないしない←わけわかめ

咲かない花


チラチラ舞う雪が

春の光に変わるころ

心の奥に小さな恋の種がまかれた



咲いてもいいかな

咲かせてもいいかな

咲いたら

可愛がってもらえるかな



ほったらかされて

枯れてしまうのが怖くて

あれからまた

同じ春が来ようとしているけれど

まだ恋の花は

つぼみのままでいる

【23】彼だと誤解された彼

「あ、理花……大丈夫か?」

ベッド脇に、何故か樹がいた。

「な、何でいるの!」

びっくりして理花は飛び起きた。

掛けられたタオルケットを引っ張って、体全部をガードする。

「すごい反応」

 声のするほうを見ると、さっきまで一緒に飲んでいた涼もいた。

「高浜さん、飲みすぎだよ。ちょっと加減したほうがいいね。あんな風になるなんて」

苦笑いで涼が言う。

「あんな風?……」

あんな風とは、どんな風なのだ。

「誰でも酒が入れば理性のガードは緩むんだろうけど」

「わたし、何かした?」

「何かされても文句は言えないこと……言ってたかな」

「何言った?」

「うーん、抱いてもいいのよって」

お酒が入って、ガードが緩んで、ヤケクソだったし、そういう気持ちになったとしても

おかしくないかもしれない。

「正直なところ、禁欲生活中だし、浮気してるわけじゃないし、やばかったかな」

「ごめんなさい!」

恥ずかしくて顔から火が出そう。

理花は頭からタオルケットを被って隠れた。

「でも、何とか落ち着かせて玄関まで連れてきたらさ、彼がいたわけだ」

樹を指して涼が苦笑いした。

「じゃ、後は彼から事情を聞くといいよ」

ちゃんと仲直りしなよ。と言い残し、涼は帰って行った。

残された樹は、困ったような表情のまま、黙っている。

「……あの」

おそるおそる、理花は聞いた。

「なんで……いるの?」

「うん、透弥とケンカしたって功至に聞いて。で、原因は俺だって責められるから。一応

誤解は解いてきたつもりだけど、あんま信じてもらえなかった。理花も落ち込んでるかもって

思って謝るつもりで来てみたんだけど、そしたら理花とさっきの男が一緒に帰ってきたんだ」

事情はわかった。

だけど、今こうして部屋にいる事実。また透弥に知られたら誤解されるのではないか。

それに、誤解が解けてるとすれば、透弥から連絡があっても良さそうなものだ。

それがないと言うことは、まだ樹のことは誤解されたままだし、

理花のことも許してくれているわけではなさそうだ。

「ごめん、さっきのヤツに誤解された。俺が理花の彼氏だって思ってたみたい」

「……そっか」

こんな夜中に理花の家の前で待っていれば、そう思われても不思議ではない。

「しかも俺、彼氏だって誤解されたまま、説教された」

「涼が樹くんにお説教したの?」

彼氏だと誤解されたのもおかしいけど、素直に説教をされている樹を想像しても、ちょっと笑えた。

「ケンカするのはいいけど、理花がヤケになる前に何とかしろって言われた。俺が相手だったから

良かったものの、男はそう甘いもんじゃないよ、結局そういう事態になって傷つくのは女の子のほうだ、

しっかり守ってやらなきゃダメだぞってさ。そんな風に言われた」

「それ、大人しく聞いてたの?」

「彼氏じゃないって否定するスキなく説教された。ホントは、透弥が責められなきゃいけない

ことだから納得いかなかったけどさ、言ってることは間違ってないことだし、大人の男の

考えを吸収するのも悪くないよなって思って」

「大人の男ねー……」

出会ったときの涼って、今みたいじゃなかった。

もっと余裕なくて、言うことやること空回りしているような雰囲気があった。

何か物足りないような、大人なんだろうけど子供っぽいような。

でも、今の奥さんと知り合ってから、だんだん頼もしくなってきたような気がする。

涼は、奥さんを守るために頑張ったんだろうな、と思った。

「で、いいもの吸収できた?」

「うん。出来たと思う。俺、目先のことばっか考えてた。どうしたら理花の気持ちをつかめるかなって、

そればっか考えてた。でも、その前に自分を見つめ直す必要があるって感じた。今のままじゃダメだ。

頼もしい大人の男になる」

涼が樹に何をどれくらい説教したのか知らないけれど、樹に気合が入っているのがわかる。

「だからさ、見ててくれよなっ。理花に認めてもらえるまで頑張るからな」

夢は諦めたらそこで終わりだ。

と、樹は言った。

まだ、諦めないつもりらしい。

だけど、そんな風に頑張ろうと思う樹のことは、悪くないかもしれないと、

理花はほんの少しだけ思った。

【22】後悔先に立たず。。。

『……なに?』

電話に出た透弥の声が、あまりに素っ気なかったので、理花も素っ気なく返した。

「わたし、何日放置されるのかな」

透弥は黙ったままで、何も言わない。

「わたしたち、付き合ってるんだよね、こういうの付き合ってるって言える?」

不満が、声になってどんどん出てきた。

「付き合ってるのって、わたしの勘違いかな。どうなの?」

『さあね』

「何よそれ!」

まるで他人事のように透弥が言うから、理花は大声で反応してしまった。

『俺のほうが聞きたいんだけど』

今度は理花が黙り込んだ。

透弥が連絡して来ないように、理花も連絡していなかったのだ。

お互い、相手に放置されていると思っていたとしても無理はないと思った。

『樹とも上手くやってるんだろ? だから、俺なんか適当に扱ってるんだよね』

「え?」

樹と上手くやってる?

急に樹のことを振られて、理花の脳内処理が追いつかない。

『功至が、さっき見たって言うんだ。理花んちに樹が入ってくところ』

「あ……」

そうか。

さっき功至が来て、入れ替わりに樹が来たのだ。

見られていたとしても不思議はない。だけど、それは誤解だ。

功至も功至だ。

見ただけで、事実を確認しもしないで、透弥に告げ口するなんてひどい。

『結構長い時間、樹が出て来なかったらしいじゃん? 何してたかはどうでもいいんだ。俺、

言ったよね。他の男を部屋に入れたらダメだよって』

違ったかな? と透弥は理花に確認するように聞いた。

「それは……確かにそうだけど、でも……」

『言い訳するより、謝ったほうがいいと思うよ』

冷たい口調に、理花の心の中も冷えてゆく。

『功至が言ってた。理花は樹とも満更じゃないんだろって。俺のことがダメでも、

樹がいるから寂しくないんじゃないのかって』

理花の言うことに耳を貸さないで、功至の言ったことを信じて責める。

勝手に誤解して、勝手に怒って……。

『理花?』

「もういい。じゃあねっ!」

透弥なんかいらない。

大嫌い、知らない、もう会わない。

どうせもう終わり。

もともと、付き合おうって言葉だけで、何も始まってなかったんだ。

電話を切ったあとも、腑に落ちないイライラとモヤモヤで、どうしようもなく腹がたって、

我慢しきれなくて涙が出た。

衝動的に電話を切ってしまったことは、後悔してももう遅い。





翌日、イライラが治まらなかった理花は、仕事帰りに、同僚の桜井涼を誘ってみた。

年下の奥さんは、まもなく赤ちゃんを出産するらしく、里帰り中らしい。

退屈なんだと、最近聞いたばかりなのだ。

「高浜さん、飲みすぎだよ」

ヤケになって、ついつい飲みすぎた。

「誘われたときも思ったけど、高浜さん、彼氏で出来たって言ってただろ? いいの? 

俺と一緒に酔っちゃって」

「そっちこそ。奥さんの留守中に、わたしなんかといいの?」

誘ったらすぐ乗ってきたくせに、今さら何を言っているんだろう。

「別に何があるわけじゃなし、一緒に飲むくらいいいんじゃね?」

「そうよ。そうよね。いいのいいの。ふん、彼氏なんか!」

理花が言い放ったひとことは、しっかり涼に聞かれていた。

「ああ、もしかしてケンカ中とか? だからヤケ酒飲みたかったんだ?」

ケンカ中と言うより、たぶんもう終わってる。

でも、いちいち涼に説明するのも面倒なので、無視してだまっていた。

「これ以上飲まないほうがいいよ。送ってく」

涼に腕をつかまれた。

「送らなくていいもん。ひとりで帰れる。帰りたいなら、先に帰ってくれてもよくってよーだ」

自分でも何を言っているのか、わからないくらい酔っていた。

ちゃんとしゃべれているのかも、あやしい状況だ。

「先に帰ったら、他の男にさらわれそう」

そんなことを言いながら、涼が身体に手を回す。

抱えられるようにして、椅子からおろされた。

床に足をついて、やばいと思う。

足元がユラユラ揺れる。

頭もぐるるぐ回る。

とてもじゃないけど、ひとりではまともに歩けないどころか、立っているのもおぼつかない。

「ああ、ちょっ……大丈夫か?」

涼の声が遠くに聞こえた。

それからのことは、覚えていない。

完全に酔ってしまったらしく、気がついたときは自分の部屋のベッドにタイムスリップしていた。

男を見る目

以前、わたしはガラスとダイヤモンドと言うタイトルの恋愛詩を書いた。




寂しさと愛情を、間違えていないかなって、時々思う。





わたしの永遠の課題?






なんとなく、こんな本を買ってしまった。

この本の著者、里中李生さんは、好きな作家さん。

本屋さんで立ち読みしてたんだけど、読みはまり。。。

で、古本屋さんで同じものを探したら105円であったので、買った。

まだ全部読んでいないけれど、すぐ読んでしまえそう~



読んだからって、見る目が養われるかどうかは。。。。わかりませんけどね。







コメント返信、遅れててすみません~

更新ばかり先にしちゃってる。。。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。