スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひだまりの詩





特に意味はナイ。。。
スポンサーサイト

【14】告白と曖昧な関係と。

そろそろ行っていい? と、透弥からメールが来たのが午後5時だった。

透弥は大学の寮に住んでいるらしく、ここからは車で20分くらいの距離だそうだ。

たぶん5時半くらいにはここに着くだろうと予想した理花は、ふいに鳴った玄関の

チャイムに少々戸惑った。

まさか、また功至?

いい足りないことでもあって戻ってきたのだろうか、それとも透弥がメールをくれたとき、

すでに近くまで来ていたのだろうか。

考えながら、玄関のドアを開けた。

「あ……」

そこにいたのは、功至でも透弥でもなかった。

「今日帰って来るって言ってたじゃん。やっぱ、すぐ会いたいなーって思ってさ」

樹がスーパーの袋らしきものをぶら下げて立っていた。

「あがって、って言いたいところだけど……」

「2人きりになるのは、まずいか?」

窺うように聞く樹に、理花は曖昧な微笑で返す。

そのとき、樹の背後に透弥の姿が見えた。

「透弥くん」

理花が言うと、樹も後ろを振り向いた。

「おーーー、透弥。ちょうどいいところに来たな。今、理花んちに入れて

もらおうと思ってたらさ、2人きりはまずいって言って入れてもらえなかったんだよ。

透弥も理花が今日帰って来るって聞いて来たのか? 良かったら一緒にどうだ? 俺、

オムライス作ろうと思って、材料買ってきたしさ。みんなで食べようぜ」

「……うん」

透弥はうなずいてから理花を見た。

その目はかなり不服そうで、気まずくなって咄嗟に目をそらす。

「じゃあ、どうぞ。2人とも入って」

成り行き上、2人を部屋に入れてしまった。

中に入るとすぐ、樹はキッチンに向かった。

透弥はベッドとテーブルの間の隙間に座って、テレビのリモコンでスイッチを入れる。

この前と同じ光景である。

理花は透弥を気にしながら、樹の手伝いをした。

「透弥は実家だし、理花も出張だし、俺はバイトで忙しかったし、つまんねー夏休みだったさ」

玉ねぎを切りながら、樹がぼやいている。

その隣りで、理花は米を研ぎながら話を聞いた。

「でさ、相変わらず那絵ちゃんに付きまとわれてさ、まいったぜ」

「那絵は樹くんが好きだからね」

「俺、1回断ったんだぜ。なのに、まだ諦めきれないとか言うんだ」

「そっか。でも、何で那絵じゃダメなの?」

「理花が好きだからに決まってんだろ」

すごくサラリと樹は言った。

「ふうんそっか」

だから理花もサラリと言い流したんだけど。

「そっかって、その程度?」

「だって、言い方が軽すぎるんだもん」

「マジに言ったら照れるじゃんかよー」

言いながら、顔を真っ赤にしている。

「この一ヶ月半、会えない間にさ、結構いろいろ考えてたんだ。だんだん

深くなってるんだ、俺の理花に対する想い」

かなりマジメな顔で告白された。

「付き合ってるヤツ、いないんだよな?」

「うん……たぶん」

「だったらお試しでもいいから、俺と付き合ってみないか?」

本気の告白をされてしまったようだ。

理花は研ぎ終えた米を炊飯器にセットした。

「透弥が気になる?」

理花がチラッと透弥の様子を見たのを、樹に気づかれたようだ。

「え……う、ううん。別に」

本当はものすごく気になっていたけれど、咄嗟に首を振って否定してしまった。

「あの、樹くんの気持ちは良くわかったよ」

「じゃあ、考えといてよ。返事はすぐじゃなくてもいいし」

「わかった」

「でも、いい返事待ってるね」

笑顔で言ってから、樹は何事もなかったように料理に戻った。

再び透弥のほうをチラッと見ると、今度はばっちり目が合ってしまう。

その不機嫌そうな目は、理花に無言でこっちに来るよう、言ってるように見えた。

理花はキッチンを離れ、透弥のそばに行く。

「告白されたみたいだね」

透弥はテレビをじっと見たまま、理花に言った。

「聞いてたの?」

「聞こえた」

透弥がゆっくり視線を理花に移す。

立ったままでいる理花を、下から見上げているような格好だ。

「で、どうすんの? 樹と付き合う?」

問われて理花はキッチンにいる樹の後姿を見る。

「どうしようかなって思ってる」

「ふうん、そっか」

「あのさ、透弥くんは……あの、どう? 私が樹くんと付き合ってもいいって思ってる?」

出張先で、あんな関係になってしまったものの、はっきり告白されたわけじゃない。

それが理花の心に引っかかっていた。

お付き合いが始まったように思えたけれど、もしかしたらあの場だけの遊びだったのかもしれない。

過度に期待して、違うよって言われたらショックが大きい。

樹とは付き合うなって言葉を、透弥から聞きたかっただけだった。

「俺が、樹と理花が付き合ってもいいって思ってるかって?」

顔が、怒ってるように見えた。

睨むように理花を見る目は、とっても冷たくて怖かった。

「それってさ、付き合うなって言えってこと?」

「じゃなくて、透弥くんの気持ちが知りたくて……」

「俺の気持ちを試してる?」

「試してなんかな──」

「俺に嫉妬して欲しい? それとも、長崎でのことは、理花にとって全く

何でもなかったわけ? 誘われれば誰とでもやってんの?」

だんだん、透弥の声が大きくなる。

「樹に告白されて、考えとくとか返事して、俺にどうすればいいか決めさせようとしてるの? 

そういうことが言えるってことは、俺のこと真面目に考えてなかったってことだろ? 俺、

理花に遊ばれたの? 俺とのことはなんでもないことだったわけだよなっ!」

今まで、多くをしゃべらなかっただけに、今の透弥に理花は驚いている。

違うって言い返さなきゃいけないのに、その隙さえ与えられない。

「キスしたときとか、抱きしめたとき、理花の気持ちも俺と同じだって

思ったんだよ。なのに、樹と付き合っていいの? とか言って俺の気持ち試したりして、

バカにしてんのかよ。バカにすんなっ!」

透弥は立ち上がって、理花と対峙する。

「おい、おまえら何ケンカしてんだよ」

樹がキッチンから飛んできた。

「透弥。どうしたんだよ。そんなに取り乱して。おまえらしくねーじゃん」

「俺らしくって何だよ!」

「おい、透弥……」

「理花がいいと思うようにすればいい。俺には何も言う権利ねーんだろっ!」

「透弥、落ち着けって」

すっかり落ち着きを失くした透弥を、樹が必死でなだめている。

理花は何も言えず、何も出来ず、ただふたりを見ているしか出来なかった。

体の空白、心の空洞


時々

寒くなる体

時々

寂しくなる心

体の空白がなくなるくらい

抱きしめて

心の空洞に

寂しさが入りこむ隙間がないくらい

愛でいっぱいに埋め尽くして

【13】怒鳴り込んできた男

あまりにドアをドンドン叩くものだから、うるさくて敵わない。

理花はドアを開けようとして、ハッと思いとどまった。

シャワーを終えたばかりの身体には、バスタオルが一枚巻かれているだけなのだ。まさか

こんな格好で功至に会うわけにはいかない。

「開けろ。無視する気か!」

「待ってよ。すぐ開けるから待ってて」

ドアの向こうに言いながら、理花はいったん部屋の奥に走る。

とりあえず手近にあったキャミソールを着て、スカートを履いてから玄関に戻った。

「透弥に近づくなって言ったはずだ」

ドアをちょっと開けたくらいで、すぐに上から功至の怒鳴り声が降ってくる。

「透弥のやつ、実家に帰るって言ったくせに、帰ってないんだ。やっとこっちに

帰ってきたところを問い詰めたら、おまえのとこに行ってたって言う。おまえ、

どうやって透弥を誘惑したんだ」

一気に捲くし立てられ、すぐに状況が把握出来なかったけれど、最後の誘惑だけは記憶に残ったから。

「誘惑なんかしてないもん。向こうが勝手に来たのよ」

否定しておいた。

「なんだその言い方。透弥をバカにしてんのか!」

功至が手を振り上げる。

殴られる。と咄嗟に思って、理花はぎゅっと目をつぶって顔を背けた。

「何とか言えよ。男なら誰でも思い通りになると思ってんだろっ!」

「思ってないよ──」

「樹だって暁登だって、理花、理花っておまえのことばっか話すし、一体おまえの何がいいんだよ」

「知らないよ。私、何もわかんないもん」

チラッと見ると、功至の振り上げていた手は、ぎゅっと握られていて、さらに

小刻みに震えているようで、理花はどんどん不安が増して怖くなってきていた。

「わかんない? ふざけてんのか!」

「ふざけてな……」

あまりの迫力に後ずさりした。

そしてすぐに理花は自分の行動を後悔することになる。

功至は理花を追うようにして、部屋の中まで勝手に入ってきた。

「嫌……、来ないで……」

功至は理花の部屋に入ると、ベッドに腰掛けた。

そして部屋をぐるりと見回している。

「ねえ、出てってよ」

いつでも逃げられるように、理花は玄関のほうに走った。

「なんだこの部屋」

「……なんだって。何よ」

文句あるの? 散らかしているつもりはない。むしろ──。

「殺風景な部屋だな」

そう。

理花の部屋は殺風景だと、紗夜にいつも言われる。

単に、無駄なものを置いていないだけ。功至の発想が、苦手な紗夜と同じだったことが笑える。

「女のくせに、ぬいぐるみとかないんだな」

「ぬいぐるみ?」

あいにく、そういうものに理花は興味がない。

「今、流行ってるんだろ? クマがリラックスしてる何とかって言う……」

「ああ……。でも、私は興味ないから」

「おまえ。変わってるな」

「そうかな」

「うん」

うなずくと功至は理花の顔をじっと見た。

「化粧だって濃くないしな」

「うん、まあ」

濃くない、と言うより今は素顔だ。

普段でもほとんど化粧はしない。

もともとの顔がはっきりしているから、ファンデーションを塗るだけでメイクはしないことが多い。

「女なんて、みんなまつ毛バサバサさせて、目の周り真っ黒でさ、唇なんか

天ぷら食った後みたいなんだぜ。近づくと臭いしよー、部屋にはごちゃごちゃ

わけのわかんねーもんいっぱい集めて並べてんだ。無理して寄せあげだかなんだか

知らねーけどさ、胸の谷間強調しやがってよー。気持ち悪いんだよ、ったく」

女の子が聞いたら怒りそうな言葉の羅列だけど、そういう女ってどこかにいたような……。

「暁登と付き合った女、紗夜っていたじゃん?」

紗夜……ね。そっか、紗夜だ。

「アイツなんか最悪の代表!」

「そんな風に言わなくてもいいじゃん。紗夜はキレイにしてるだけなんだし」

一応友達だから、庇ってみたけれど、内心おかしくて笑いを抑えるのに必死だった。

「キレイを間違ってんの。早く気づけよって思うぜ。その点、おまえはキレイだな」

「……そ、そう?」

いきなり褒められてしまい、何か企んでいるのではないかと身構えた。

「人間も食べ物も素材を大事にしなきゃいけない」

素材? 今度は何を言い出すんだろう。

「余計な味付けは素材のうまみを殺してしまうんだ。人間も同じ。余計な飾りは

いらない。石鹸の香り、化粧をしていない顔。無駄なものがない部屋。いいなぁ」

功至はひとり納得したように、笑顔でうなずいている。

「第一、胸がでっかくないのがいい。特にいい」

功至の視線の先には、理花の胸元。

自慢じゃないけれど、小さめの胸は理花の密かなコンプレックスだ。

寄せてあげようにも、それだけのものもない。

今まで、がっかりされることはあっても、褒められたことはなかった胸。

まさかそれを功至に「いい」って褒められるとは思いもしなかった。

「それによー、俺、医学部じゃんか?」

「そうだっけ」

「そうなんだよ。いいなー、その反応の薄さ」

「反応、薄いのがいいの?」

そんなことも覚えてないのかって怒られるかと思ったのに、意外だった。

「女なんてさ、医学部って言うだけで寄ってくるの。医学部なの? かっこいいーって。

医学部がカッコイイ? 何だその単純な思考回路は、って思うぜ、マジで。そのくせ、

ちょっと暁登が誘いをかけたら、そっちにもなびいて行きやがるんだ。女なんて信用なんねー」

「ふうん、そっか」

そういえば、紗夜も言った。

『功至くんって医学部なんだよ、カッコイイでしょ』って。

「まあ、透弥がおまえに惹かれた気持ちもわかったよ」

「……わかったの?」

「透弥もあの顔のせいで、顔だけで女に良く追いかけられてるんだけどさ、性格地味じゃん? 

つまんねーって女が離れてくんだ。思ってたのと違ったってさ。おまえらが勝手に透弥のこと

誤解しておいて、それはないだろーって思うだろ? そういうのばっかで、透弥も女は面倒

だとか言っててさ、同じ女嫌いってとこの価値観の一致っつーの? 透弥と話があってさ、

今じゃ親友以上だな。あ、でも変な意味じゃないからな。大事な友達なんだ。だから心配

なんだ。おまえも透弥の顔だけなのか? って思ってさ」

急に功至は理花に「いろいろ悪かったな」と謝った。

「透弥を頼む。俺が許すことじゃないけどさ、仲良くしてやってくれよな」

そして笑顔で手を振り、功至は帰って行った。

玄関のドアを閉めた途端、理花は身体の力がふっと抜けた。

言うだけ言って、ひとりで納得して功至は帰っていった。

透弥を頼むって言われた。

「どうしよう……」

まだ好きかどうか、わからないくらいの気持ちしかない。

一緒にいて楽しくなかったわけじゃないけれど、ドキドキして嬉しくて会いたくて

たまらないってほどの高揚感はない。

今までもそうだったけれど、透弥に対しても、これが恋愛感情なのかどうかわからない。

曖昧な感情でしかない。

それとも、嫌いじゃないってことは、好きだってことだろうか。

嫌いな気持ちはわかりやすいのに、好きな気持ちは認めるのが難しい、と理花は思う。

紗夜や那絵が言っているように、目が合っただけで胸がきゅんってなる感覚とか、

好きなひとを思って眠れない夜とか、経験がなくてわからない。

男の人に「好きだ」って言われたらだんだん意識して好きになっちゃうものだ、

って紗夜は言うけれど。理花にその感覚も理解できない。

いきなり「好きだ」なんて言われても、そのひとのことを知らないことがほとんどで、

迷惑とまではいかないにしても、しつこくされると余計うんざりしていた。

紗夜に言わせると理花は贅沢なんだそうだ。

理想が高すぎるとか、男に不自由してないからだとか、言いたい放題言われる。

だけど、好きでもない男の人と一緒にいることは、贅沢なんかじゃないだろう。

苦痛でしかないのに。




**************

ココロ観測






言葉に出来ない気持ちがある

心の深いところにある感情

天体望遠鏡で星空を観測するように

ココロの感情を観測できたら

きっと星空のように無数の何かが

見えるかもしれない

一分でも一秒でも


たくさんの時間一緒にいられなくても

一分でも一秒でもいいから

毎日会えたら……

一瞬でもいいから

抱きしめてもらえたら

強くなれそうな気がする

涙を流さなくて良くなる気がする



贅沢で我儘な気持ちだけど

素直な気持ち

【12】理花の気持ち

透弥は昼間、ひとりで適当に時間を潰しているらしい。

理花が滞在している寮は、部外者立ち入り禁止なので、

透弥を泊めるわけにも入れるわけにもいかない。

透弥はビジネスホテルを借りて泊まっている。

あれから、仕事の後は透弥のいる部屋で会っていた。

一緒にご飯を食べて、部屋で抱かれて別れて寮に帰る。

そんな生活を一週間ほど続けたあと、透弥は急に「明日、帰る」と言った。

「理花はいつ帰ってくる?」

寮まで送ってもらった車から降りようとした理花の背中に、透弥が問いかけた。

理花は両足を地面について、それから透弥を振り返る。

「9月1日帰ってくるよ」

「じゃあ、1日の夜に会いに行くね」

車内は薄暗くて、表情がはっきり見えないけれど笑ってるみたいに見えた。

「うん。待ってる」

手を振って別れたあと、理花は透弥の車を見送りながらあれこれ考えた。

はっきり付き合ってくれって言う告白はされていない。

でも、付き合い始めてるってことかと思えば、そう思えなくもない。

透弥のことは、たぶん好きなんだろうけれど、良くわからない。

好きじゃなくてもエッチ出来るひともいるし、透弥だって単にそれくらいにしか

理花のことを考えていないのかもしれない。

ただの暇つぶしとか、夏休みの旅行気分で気紛れに来てみたとか。

だいたい、来たときもいきなりだったけど、帰りもいきなりだ。

そもそも、あまり実感がなかった。

夢を見ているような一週間だった。

透弥の言うままに、流されていただけなように思う。

でも、嫌いなひとに抱かれたいと思わないから、嫌な思いはしてないけれど、

幸せを感じたとか、離れたくないとか、そこまでの気持ちもなかった。

いつもそう。

好きだかわからなまま、告白をされて付き合うけれど、身体も心も熱くなれない。

好きになれると思って続けると、どんどん相手の嫌なところが目についてくる。

好きって何?

好きってどんな気持ち?

このまま続けていたら、透弥のことを好きになれるのだろうか。

会いたくてたまらないとか、ひとりの時間が寂しいとか、別れ際に涙が出るとか、

メールを待って眠れない夜を過ごすとか、そんなことが自分に起こるのだろうか。

「……わかんない」

肩をすくめつつ、寮の部屋に向かった。



********************



9月になって、予定通り理花は家に帰ってきた。

久しぶりの部屋は、暑い熱気がこもっていて息苦しい。

空気を入れ替えるために、窓を開ける。

それから着ていた洋服を脱いで、ベッドに倒れこむ。

開け放した窓から風が入ってきて、気持ちが良かった。

今日は1日、家にいられる。

朝一番で帰ってきたから、まだ今日はたくさん時間が残っている。

目を閉じるとすぐに、眠気をもよおしてきた。

エアコンつけたいな、シャワーもしたい。

考えているうち、いつしか眠りに落ちていた。

どれくらい眠ったのか、目が覚めると汗びっしょりになっている。

バスルームへ行き、シャワーを浴びた。

スッキリして裸にバスタオルを巻いただけの格好で部屋に戻ると、タイミングを見計らったように、

玄関のチャイムが鳴った。

透弥が来る予定だけど、来るのは夜だと言っていたはず。

時間を見ると、もうすぐ午後三時になるところだった。

バスタオル一枚の格好だし、まだ髪も濡れているし、たぶんセールスか勧誘だろうと決め付け、

理花はしつこいチャイムの音を無視することにした。

けれどすぐ、理花のケータイが鳴り、見ると功至からで……。

「おまえ、今どこにいる?!」

出るとすぐに怒鳴りつけられる。

「家……」

「いるなら開けろ!」

ドアが叩かれた。

そこにいるのは、功至だったらしい。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。