スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスマジック ~2013

「クラゲって脳みそがないんだよ」

くりすます



ずっと仲良くしていた女友達がふと言った。

「頭で考えることがない分、本能で生きてるんだよね」

ゆらゆらと目の前の水槽で揺れているクラゲを見て、

彼女はそれきりだまりこんだ。


僕は彼女のことが実は好きで、恋愛感情を持っている。

何度か彼女に告白しようとしたけれど、この友だち関係が

壊れてしまうのが怖くて言い出せずにいた。

彼女とは友達としてでもいい、ずっとそばにいたかった。

けれど時々、彼女の横顔やうつむいた顔を盗み見るたび思うんだ。

触れたい気持ち、抱きしめたい衝動、そしてもう少し先のことも。

理性と本能が葛藤している。

煩悩に悩む夜もある。

「ずっと友達でいようね」

何年か前に彼女にそう言われたこともあるから、余計に

告白する勇気と、それと同時にこの関係が崩れる不安が

いまいち僕を弱気にさせているのだ。


いま僕たちは水族館に来ている。

彼女のほうから誘ってくれたのだ。

そして見ているのが、クラゲである。


「あのね・・・」

水槽を見つめたまま、彼女が言った。

「・・・・なに?」

「うん・・・あのね」

しばらく待ってみたが、彼女はそこで言葉を止めたまま、

まだクラゲを見ている。


結局、僕たちは何も会話がはずまないまま

水族館を後にした。

外はもううっすらと暗くなりかけている。

僕たちは横に並んで、歩きながら無言のまま駐車場に着いた。

車に乗り込み、これからどうしようと考えていたとき、

彼女が口を開いた。

「あのさ・・」

「うん・・・」

さっきから同じ言葉を繰り返しやりとりしている。

「あのさ・・・私たち・・・もう友だち・・・やめない?」

友だちを・・・やめる?

僕は言葉を失った。

友だちって一生友だちでいようねって言ったのに?

友だちってやめるものなんだろうか。

僕の思考はフリーズした。

こんなことなら、想いだけでも伝えたほうがすっきりしたのに・・・。

「嫌?」

彼女は僕のほうを見て聞いてくる。

「友だちやめるの、嫌?」

僕は少し動揺しながら、そして半ばやけくそ気味に言ってしまった。

「友だちやめるなら、付き合って、彼女になって、好きなんだっ」

あー・・・言ってしまった。

でもいいんだ、どうせ終わるなら言っただけスッキリだ。

彼女の答えはもうどうでもいいと思った。

僕は車のエンジンをかけた。

このまま彼女の家まで送っていって、そして終わりなんだ。


車を走らせている間、彼女は窓の外を見ていた。

何も話さない無言の空間だったけれど、不思議と居心地は悪くない。


彼女の家の前に車を止めた。

すぐに降りると思っていた彼女は動かない。

「・・・ついたよ」

「うん、知ってる」

「下りないの?」

「・・あのさ」

「うん」

また同じ言葉だ。

「あのさ・・・一緒に・・・おりない?」

彼女の言葉がすぐに理解できなかったけれど、

頭の中の空白を埋める前に、彼女は続けてこう言ったんだ。

「待ってたんだ、わたし」

待ってた? なにを?

「そう・・・言ってくれる日。待ってた」

僕は何を言ったんだっけ・・・。

しばらく記憶を思い返すと、さっき勢いで言った言葉だと

理解できた。

「わたし、ずっと一緒にいたかった。ずっと・・・そばにいたい」

「それって・・・」

友だちをやめると言うことは、つまり・・・つまり・・・。

「わたしも、好き。私の・・・彼になってください」

暗くて見えないけれど、彼女はうつむいている。

顔が少し、ぽっと赤くなっているようにも感じた。


友だちをやめて、つまり付き合うと言うことなんだと

そう理解できたのは、彼女と一緒に車をおりて、

彼女の部屋に初めて招かれて、そして彼女をそのまま

抱きしめたとき、やっと実感できたんだ。


「どうせ一緒にいるなら、付き合っても一生一緒だもんね」

世間はクリスマス。

クリスマスにおきた奇跡。

クリスマスマジックだ。


毎年クリスマスは一緒だった。

友だちとしてのクリスマスは去年までで、

いまこの瞬間から始まった、僕たちの恋人としての

クリスマスは、きっと子供たちが信じているのと同じくらい

サンタのプレゼントを信じていると思った。


ハッピークリスマス。

スポンサーサイト

幸せな雨ふり

今日は1日中晴れのお天気が続くでしょう。

テレビの天気予報ではそう言っていたから、

今日のデートは傘を持たずにおしゃれして出かけた。


私が好きな俳優さんが出てるラブストーリー。

映画が上映されるのを楽しみに待っていた。

彼がそういうラブストーリーが好きなのか知らないけれど、

彼は私の好みに合わせて付き合ってくれる。


映画は予想どおり、とても胸がきゅんきゅん鳴った。

彼を見ても、退屈そうな雰囲気は感じられなかったから、

たぶんきっと、楽しいデートで終わるはずだった。

映画館を出てみると、空が暗かった。

「なんか降りそうだね」

彼が口にした途端、ぽつぽつと雨粒が頬にあたった。

近くにあるカフェで雨宿り。

コーヒーを飲んでる目の前の彼と、

さっきの映画の中の俳優さんが重なって見えた。

好きの欲目かもしれないけれど、彼は素敵だ。

あまりじっと見つめるのも照れくさいので、ちらちらと上目づかいで

盗み見るわたしの胸は、さっきみたいに、きゅんと鳴った。


彼と付き合い始めてまだ日が浅い。

まだ、プラトニックな関係だから、少しだけ遠慮もある。

窓の外に目をやると、雨は窓ガラスを濡らしている。

「やみそうにないね」

カップを置いて彼が言う。

顔を彼に戻すと、彼と目があった。

「・・・うん、そうだね」

告白してくれたのは彼の方だけど、わたしもずっと彼を知っていた。

同じサークルで、ひとめぼれだったわたし。

まさか両想いなんて思いもしなかったから、告白されたとき

頭が真っ白になって、すぐに返事ができなかった私に、

彼は困ったように言ったっけ。

「答え、すぐじゃなくてもいいし、迷惑なら・・・」

「迷惑じゃないですっ!」

とっさに叫んでいた私の顔は真っ赤だったと思う。

まだ頭の中は真っ白だったけれど、彼のほっとしたような笑顔が

まぶしかったのを覚えている。


やまない雨。

持っていない傘。

どうしようかと思う反面、この時間が永遠に続いてもいいと思ってた。

「ちょっと待ってて」

彼は不意に立ち上がり、わたしに言うとそのまま店を出て行ってしまった。

「・・・・え?」

取り残された? なんで置いていくの?

少し混乱したけれど、彼は待っててって言ったよね?

わたしは彼が戻ってくるのを落ち着かない気持ちで待っていた。


それから数分後、私は彼が持つ傘の中に一緒にいる。

傘を1本買ってきた彼は、わたしの肩に手をまわしてる。

気温は低いはずなのに、わたしの体は熱かった。

初めての相合傘。雨に感謝。

今日ばかりは予報を外してくれた気象予報士のおじさんに感謝だ。


家まで送ってくれた彼に、私は「ありがとう」と言った。

顔をあげて彼を見ると、彼の肩に目がとまる。

あ・・・すごい濡れてる。


わたしはそんなに濡れていなかったのに。

わたしが濡れないように、傘をわたしに傾けてくれていたんだ。

そう思うと、彼の優しさに泣きそうになった。

濡れた肩に、彼の愛を感じた幸せな雨降りの出来事でした。

甘い時間

2月14日。

いくら鈍感な男でも、今日待ち合わせの約束をする意味とか理由は

きっとわかっているはずだと思ってる。


友達のままでも、じゅうぶん楽しいけれど、友達のままじゃ物足りなくなってきた私の気持ち。

いつもいつも会うたびに、友達以上の気持ちを痛いくらい感じて切なくなっていたから、


バレンタインに力を借りて、私は今日彼と友達関係を壊すことに決めた。

彼の好きなチョコレート、特にガトーショコラに目がないのはすでにリサーチ済みだから、

何度も練習をして、おいしく作れるようになった手作りのケーキを

かわいくラッピングしてドキドキしながら待ち合わせ場所に急いだ。


彼の愛車が見えた瞬間、さらに胸がドキドキを増した。

近くまで行くと彼が気づいて車から降りてくる。


「寒いね」

「だね」

短く言葉を交わし、2人で車に乗り込んだ。

「どこ行こうか、軽く走るか」

彼は私に聞いてるのかひとりごとなのかわからないことをつぶやき、

私の言葉は待たずに車を発車させた。


見慣れた外の景色がどんどん窓の外を流れてゆく。

私はいつものように、それを何となくながめる余裕はなかった。


どんなタイミングでケーキを渡そうか、どんな反応が返ってくるのか、

頭の中はそれでいっぱいだった。

いつもは普通におしゃべりする彼も、今日は黙って車を走らせているだけだ。





仕事の後で待ち合わせたから、車をとめた公園の駐車場はもう静かで薄暗かった。


「間接的に…」

彼が先に何か言いかけて、そのまま視線を足元に落とす。

間接的に、何?

聞くより先に彼は言葉を続けた。

「気づいてるよね、女の子わかるよね」

回りくどい言い方も間接的の意味も、彼の言いたいことはわかってしまう。

「…うん」

だからこそ、私は決めたのだから。

「私、今日…」

「さっきからいい匂いする、それ」

彼の視線が私の抱えている紙袋に移った。

「好きでしょ?」

ガトーショコラが。

「うん、好きだよ」

彼の手が紙袋に伸ばされた。

「ずっと好きだよ、チョコレートはその次に…好き」

紙袋をすり抜け、私の手が彼の手のひらに包まれた。

ドキドキした。

目が合わせられない。

「バレンタインはね、外国では男から告白っていうの、あるらしいよ」

「う、うん…」

「日本人は女の子に告白されるの待つ、みたいなしきたり的なもの、草食男子の増加の一因じゃね?」

「…そこまで考えてなかったけどさ」

まぁ、そりゃ告白するより告われたいのが本音だし、私としても嬉しい。

「外国的バレンタインでいこうかな」

彼の言葉に無言で頷いた。

「俺の、彼女になってください、OKならそのチョコください」





迷わず私は彼にチョコケーキを渡したわけだけど、もしNOならどうしたんだろう。


時々、そんなどうでもいいことを考えてしまうのは、きっと先のお話。


永遠に僕だけのもの

去年の夏、キミが倒れた。
暑い中、ずっと外にいたせいの日射病。
『助けて』
のメールにかけつけたとき、玄関先で倒れたキミを介抱したのは確かに僕だった。

どこかへ連れて行って欲しい。
そう言われて車を出したときも、助手席のキミは確かに楽しそうにずっと笑顔だった。

だけどキミが好きになったのは、僕じゃない誰かだった。

キミに恋していた僕は、キミの恋の話をいつも聞かされるようになった。
楽しいときもマメにメールで教えてくれたし、彼とケンカしたときは、朝までヤケ酒に付き合ったこともあった。

キミが幸せならそれでいいと、キミの恋を見守っていた。
応援するのはさすがに無理だったけれど、表向きはたぶん、いい相談役になれていたと思う。

そして夏が終わるころキミの恋は終わった。
連絡がなくなり、だんだん自然消滅をした恋だったようで、キミは最近まで彼をひきずっていた。

そして秋が過ぎ、冬になって春になる。
キミと初めて出会ったのも確か春だった。

春に出会って、夏に楽しくすごして、夏は僕にとっていい思い出がたくさんある季節。

だけどその夏、キミはまた違うひとに恋をした。
いつもそばにいるのは僕なのに、僕を通り越していつも違う男に惹かれるキミ。
友達としてはいいけれど、恋人になれない基準があるとしたら、年の差だってキミは軽く笑った。

僕とキミは8つ離れている。
キミが年上
僕が年下

この差だけが理由ならば、キミが誕生日を迎えなければいいんだ。
そう気がついた。
そしてキミを誰の目にも触れさせずそばに置いて、ずっと大事に守り続けたい。

その夜
僕は考えを行動に移した。

僕が何を考えているかなんてキミが知るはずがない。
キミはいつものように、笑顔で僕を部屋の中に入れてくれた。
キミは僕が持ってきたパインのゼリーを美味しそうに食べたね。
それに毒が入っていることを知りもしないで。

キミはもう来年の誕生日は迎えられない。
僕だけのものになった。
ずっと……ずっとずっとずっと。
僕のそばで眠り続ける、
キレイな人形になったのだ。

お見舞い

あなたが病気で入院したとき、駅前のお花屋さんで、
フラワーアレンジメントやお菓子を買ってお見舞いに行った。
久しぶりに会うあなたは、思ったより元気そうだったけれど 、
見えないところで、ひどく傷ついているんだろうと思ったら悲しかった。

フラワーアレンジメントを渡したときに伸ばした腕に
刺さっていた、点滴の針が痛々しかった。

動くたびにその管から逆流する血液。
赤い血。

一瞬、舐めてみたい衝動にかられたけれど、
悟られないように何とか隠した。

あなたのトナリに座って、そんなことを想像しながら、
どうでもいいような世間話をしていた。
だけどわたしは、話をするよりも気になることがあった。
話をしながら、あなたの顔と腕に刺さった針と交互に見ていた。
下手な看護師が刺したのだろうか。
針が刺さった部分には、少しだけ血が洩れたようになっていた。
わたしはまた衝動にかられた。
刺さっている針を引き抜きたい。そうして再び、血管に刺してみたい。
刺す瞬間、血管に刺さる瞬間の感触を味わいたい。
だけどそばには消毒用のガーゼもないし、針を固定するためのテープもない。
余計なことをして、病院にもあなたにも迷惑はかけられない。
残念だけど、キケンなことをするのはやめよう。考えるだけにしよう。

ふいに会話が途切れ、あなたの顔をじっと見つめた。
じっと見つめていたのは、キスが欲しかったんじゃないのに、
あなたはわたしの心の中を誤解して、わたしの唇に触れてきた。
ベッドに押し倒されながら私は、また別のことを考えていた。
腕から伸びる点滴の管で、あなたの両手を拘束してみたいな……って。
きっと針が曲がって血液がいっぱい洩れる。
苦痛に歪むかもしれない、あなたの顔を想像していたら
何だか気持ちが良くなってきた。。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。