スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナツノオオワリニ

ふと思いついて、風鈴を窓辺に吊してみた。

緩やかな風に、揺れて奏でる風情のある柔らかな音に、

耳をすまして目を閉じた。


五感が、自然を丸ごと受け止めた。

部屋の中も、心の中も、キレイに浄化されたように

スッキリとした感覚で満たされた。


日本人で、良かったなぁ…。

と思った、夏の終わりの夜でした。
スポンサーサイト

雲の上にはならなくてもいい

雲の上はいつも晴れ

雲が空全体を覆っていなければ

地上にも太陽の光が降りそそぐ


雨雲が大きくなると

そこからたくさん雨が降る


晴れの日ばかりじゃなくて

曇りの日も雨の日も風の日もいろいろあって

地上の環境はバランスがとれている





心の中も

いつも晴れているわけではなくて

この空と同じように

晴れは楽しいとき

曇りは心不安なとき

雨は悲しいときと同じなのだ


だから

いつも笑顔で太陽のようにならなくてもいい


笑顔はすてきだけど

笑顔ばかりじゃ心は疲れる


笑ったり不安になったり涙を流したりしながら

人間も自然と同じように

心のバランスをとっているんだから


ありのままに

素直な感情で生きてもいいんだ


ガマンはストレスのもとだから

ありのままの自分を

大事にしようね

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。